マイルストーンの意味と使い方

カタカナビジネス用語の中でも頻繁に耳にすることの多い「マイルストーン」。今回はマイルストーンの意味や正しい使い方について解説していきます。

マイルストーンの意味

マイルストーンの意味

ビジネス用語として使うときのマイルストーンは「物事の進捗を管理するために途中で設ける節目」という意味。「マイルストーン」は「コンセプト」や「プロジェクト」同様、英語の日本語読みがそのままビジネスシーンで用いられるようになり、定着したカタカナビジネス用語の一つです。

マイルストーンの語源

マイルストーンの語源となる英単語は「milestone」であり、意味は「マイル標石」です。ちなみに「マイル(mile)」は、主に米国で使用されている距離の単位で、1マイルあたり約1.6kmにあたります。本来、マイルストーンとは距離をマイルで表した距離標識のことをいいます。

milestoneを確認することによって起点から「何マイルの距離を進んだか」もわかりますが、現在でも見ることができるmilestoneの多くは歴史的な遺産として受け継がれたものです。

ビジネス用語で用いられるようになったマイルストーンの意味

こうした石標を表すmilestoneという言葉は、米国のビジネスシーンにおいて、特にプロジェクトの進行管理の場面で比喩的に使われるようになったのが始まりです。それが日本にもビジネス用語として伝わり、今や目標に対する進捗管理をする際の表現として「マイルストーン」が使われるようになったのです。そのため、日本のビジネス用語として使われている「マイルストーン」には当然「石標」といった意味はありません。

・マイルストーンはプロジェクトの最初に決めるもの

ビジネスシーンで用いるときは主に「プロジェクト行程上の区切り」「経過点」「中間目標点」といった、プロジェクトの行程上での途上のある時点、もしくは到達目標などを指す意味として用いられます。そのため、商品をリリースする代表的な日や、リリースするまでのプロジェクトのプロセスを区切った時点をマイルストーンに設定することが非常に多いといえます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  2. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  3. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  4. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  5. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  6. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
ページ上部へ戻る