上司との食事で注意すべき4つのマナー

上司と食事をする機会は「しょっちゅう」という方もいれば、たまにしかないといった方もいるかも知れませんね。機会の多少は人それぞれ異なるでしょうが、上司と食事をする場合に気をつけなければならないマナーに違いはありません。せっかくの食事の機会にマナーで失敗し、上司の心象を害してしまうようなことはないようにしたいものです。では上司と食事をする場合、どのようなマナーに注意すべきなのでしょうか。今回は上司と食事をする際の注意すべきマナーを4つ、皆さんへご紹介することに致します。


①上司が利用している店ならその店をほめること

褒めるもし皆さんが後輩もしくは家族でも構いませんが、自分が大変気に入っている店に招待した場合、どのような反応をされると嬉しく感じるでしょうか。上司だって人間です。せっかくの食事の機会に部下を行きつけの店に招いた訳ですから、部下に喜んでもらいたいという気持ちもありますし、部下が喜んでくれれば当然嬉しくもなります。従って上司がよく利用している店での食事会となったなら、その店の良い点を発見しほめることです。

店の雰囲気でも内装でも、ディスプレイでも、テーブルや椅子でも構いません。あるいは食事のメニューでも構いません。特に出された食事が「美味しい」場合には、その感想を笑顔で必ず上司へ伝えるようにしましょう。但し、白々しい嘘や、おべっかでは上司も白けてしまいます。自分なりに「この点は素敵だ」と本当に思える点を発見した上で伝えることが基本です。そのためには日頃から外食をした際には必ず店を観察し、自分なりに良いと思える点を発見できるよう訓練しておくことも大切です。尚、当然のことですが、万一出された食事が口に合わなかったとしても「まずい」といった言葉は禁句です。


②上座、下座はマナーの基本

上座下座改めて言うまでもありませんが、食事を行う場合のテーブルの席次は当然上司が上座です。特に上司が行きつけの店等では上司が自らすすんで下座に座ろうとする場合がありますが、そのような場合も「どうかこちらにお座りください」と上座をすすめ、自分が下座に座ろうとすることがマナーです。

その上で、上司から「俺はここがいいんだ。いいから遠慮せずに座りなさい」等の台詞が出たならその指示に従う形で上座に座ることはOKです。要は上座に座ってはいけないということではなく、上司が下座に座ろうとしているからという理由で上座に座ろうとする行為はマナー違反ということです。


③お酌のタイミングに気配りすること

お酌する上司と食事をする場合に気をつけておきたいのが、ビールのお酌のタイミングです。上司や同僚との話しに興じることは問題ありませんが、そのような場面でも部下である皆さんは常に上司のグラスのビール量に気を配っておくことが大切です。

もし上司のグラスのビール量が全体の1/3程度になったら、ビール瓶を両手でもって(右手が瓶の中央左手が瓶の底)「如何でしょうか」お酌を申し出るようにしましょう。また、上司が飲んでいるアルコールが瓶ビール以外のもので同じく1/3を切ったら「何か飲まれますか」と上司へ尋ねて、上司に代わって飲み物の注文をすることも部下としての大切なマナーです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  2. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  3. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  2. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  3. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  4. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  5. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  6. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
ページ上部へ戻る