転職するときのメリット・デメリットまとめ

転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国です。そのため、「転職ブーム」と言われている昨今においても転職はただ積極的に行えば良いというものではなく、転職によって得られるものもあれば失うものもあります。

では転職を行うメリット、またはデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。転職する場合のメリット、デメリットについてまとめてみましたので、転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

転職するメリット

①気分が一新できる

転職すると言うことは、職場環境や仕事内容が大きく変わることを意味します。同じ職場環境や仕事内容を何年も続けていれば、程度の差こそあれ「マンネリ感」が生じてきますし、反対に新鮮さは時間の経過と共に失われてゆきます。

その点で転職を行うと、転職先オフィスのガラス窓から見える風景そのものから全く別物になってきますので、目にするもの全てが新鮮に映ります。そのため、気分が一新でき、新たな清々しい気持ちで再び仕事に臨むことができるようになります。

②人間関係の煩わしさを一旦解消できる

転職の大きな理由となるのが「上司とそりが合わない」、「職場で激しく同僚とぶつかってしまい、関係がギクシャクしてしまった」等、人間関係でのトラブルです。転職すれば相性が悪くて顔を合わせる度に苦痛を感じていた上司と顔を合わせることはなくなりますし、もつれてしまった人間関係で思い悩む必要もなくなります。つまり職場での人間関係を一度リセットし、人間関係においても再スタートを切ることができるのも転職のメリットと言えます。

③キャリアアップを図ることができる

転職する最大の魅力と言えるのがキャリアアップを図れることです。勿論転職先次第であり、誰もが必ずキャリアップを図ることができるとは言えません。しかし、現職ではポストが増えず出世もあまり望めないことが明らかな場合には、現職に留まっているよりも転職によるキャリアアップにかけた方が良いと言えます。

転職するデメリット

①新しい環境に慣れるまで苦労が伴う

転職におけるデメリットについても考えてみましょう。転職すれば気分が一新できるというメリットがありましたが、その反面、新しい職場の環境や仕事上のルール等に慣れるまで苦労するというデメリットが生じます。

慣れなければ仕事の生産性も落ちますし、思うように仕事がはかどらずストレスを感じることにもなりますが、そうした苦労は転職したら避けようがないと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  3. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  2. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  3. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
  4. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  5. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  6. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
ページ上部へ戻る