名刺交換を片手で行うときの正しい渡し方・受け取り方

名刺交換は両手で行うのが一般的ですが、場合によっては片手で自身の名刺を差し出したり、相手の名刺を片手で受け取ったりすることがあります。しかし、これらの行為はビジネスマナーとして相手に対して失礼な行為とならないのでしょうか。ここでは、名刺交換のマナーはもちろん、正しい渡し方や順番についてお伝えします。

名刺交換を片手でおこなってもマナー違反にならない

社会人になると、初対面の人と名刺交換するのはもはや当たり前の慣習です。そのため、名刺交換のマナーを心得ているかどうかによって、相手のあなたに対する第一印象も大きく変わります。

ビジネスマンとしてマナーはしっかり押さえておきたいものですが、実は「片手で名刺を渡すのはマナー違反ではない」というのをご存知ですか?名刺交換は基本的に、自身の名刺を「両手で」相手に渡す方法が一般的です。

しかし、商談など複数の人たちが同時に名刺交換をしなくてはならないというシーンも少なくありません。そういう場合は、片手で渡してしまうことになっても、決して失礼にあたらないのです。 また、相手と1対1で名刺交換をする場面でも、場所や状況によっては片手で名刺交換を行うケースもあります。片手でも基本的なマナーに則って交換すれば、それがビジネス上のイメージダウンにつながることはないでしょう。

名刺の正しい渡し方

名刺の正しい渡し方

まずは名刺交換の基本マナーに理解しておきましょう。

1.取り出すのは「名刺入れから」

名刺は、名刺入れにきちんと入れて持ち歩きましょう。渡す場面では、決してポケットや財布などから直接名刺を取り出さないよう注意します。また、破れていたり、折れ曲がっていたり、汚れていたりという名刺は、決して使わないようにしてください。さらに、名刺を切らさないようにするため、都度名刺入れに名刺を補充する習慣を持ちましょう。

2.名刺は目下の人から差し出す

ここでいう「目下の人」とは、年齢や役職の上下関係を表すのではなく、ビジネスの取引関係における「お金を頂く」「仕事を受ける」立場の人のことです。たとえば、営業マンが企業に訪問して商品を提案する場合は、営業マンから名刺を渡すということです。順番を間違えると相手に失礼となってしまうため注意しましょう。

3.名刺を差し出すときは「社名と名前を名乗る」

名刺の向きを相手の方に変え、必ず相手の目を見て「○○社の○○と申します」と社名と名前を名乗り、軽くお辞儀をしながら渡しましょう。その際、名刺は胸の高さで、両手で渡します。また、この時に受け取る側は、相手が差し出した名刺の高さより低い位置で差し出すよう意識します。

名前を名乗る際は苗字だけ伝えても構いませんが、フルネームを言う方が丁寧な印象になります。名前の漢字が読みにくい場合は、フルネームで伝える配慮をすることも心がけましょう。いずれにしても、早口ではなく、ゆっくりと名乗ることが大切です。

また、名刺交換をするときは、テーブル越しではなく、きちんと向き合ってやりとりをしましょう。その場合でも、目下の人がテーブルをぐるりと回って相手に近づき、名刺を渡します。

4.名刺を受け取るときは両手

名刺を受け取るときは、必ず「頂戴いたします」と一言述べてから、両手で受け取りましょう。このとき注意するのは、相手の会社名や氏名などが記載してある部分に、自分の指がかからないようにすることです。

そして、受け取った後は胸の高さより下におろさないようこともポイントです。 相手の前で名刺を見るときは、「○○様ですね」と、名刺を見ながら相手の名前を復唱します。もし、読み方が分からなければ、仕事の話が始まってからではなく、必ず名刺交換のタイミングで聞きましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  2. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…
  3. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  2. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  3. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  4. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  5. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  6. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
ページ上部へ戻る