「ご愁傷様です」の意味と正しい使い方【例文付き】


「ご愁傷様です」の正しい使い方例

では「ご愁傷様です」の正しい使い方ですが、「ご愁傷様です」は遺族にかける言葉として最も適切な言葉であり、むしろそれ以外の言葉を無理して考え、長々と哀悼の意を表現しようとすると却って遺族の方に負担になってしまう場合もあります。従って、「ご愁傷様です」の後に続ける文はできるだけ簡潔であることが望ましいと言えます。また「頑張ってください」「あまり悲しまないで下さい」といった励ましの言葉は、悲しみにくれる遺族に対してかける言葉としては不謹慎です。それではどのような言葉なら良いのか、「ご愁傷様です」との組み合わせで適切な例文をご紹介しましょう。

「ご愁傷様です」の例文

・この度はご愁傷さまです。生前はあれだけお元気であったのにさぞご無念かと存じます。謹んでお悔やみ申し上げます。
・この度はご愁傷さまでございました。あまりに突然だった故に、適当な言葉も見つかりません。お力を落とされているかと存じますが、どうかご自愛だけはなさって下さいませ。



以上「ご愁傷様です」の意味や用法等についてご紹介しましたが、如何だったでしょうか。この用法で気をつけて欲しいのは、皮肉を言う場面でこの言葉はあまり使用しない方が良いということです。そうした意味で乱用していると、いざ葬儀の場面で遺族に対して「ご愁傷様です」という言葉に抵抗を感じてしまい上手く使えなかったり、使えたとしてぎこちない言い方になってしまったりする場合も生じるからです。

悲しみにくれる遺族の「心」に寄り添うためにも、「ご愁傷様です」は適切に使用したいものです。そのためには普段からの使い方にも留意するようにしましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  2. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  3. この記事をご覧になっている方は「部下から毎回のように質問攻めにあい、ほとほと困っている」という方が多…
  4. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  5. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
  6. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
ページ上部へ戻る