「精算」と「清算」の意味の違い

日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回御紹介する「精算」と「清算」もまさにそうです。これら両語はビジネスにおいてもしばしば使用する言葉であるだけに、その意味や違い、使い分け等を正確に理解しておきたいものですね。では「精算」と「清算」の意味やその違い、使い分け等についてさっそく御紹介することにします。

「精算」とは

「精算」から意味をみてゆくことにしますが、まずは熟語を構成する漢字に着目することで意味を探ってみましょう。「精」は「精密」、「精緻」といった熟語で用いられているとおり細かさや入念さを表す意味がありますので、「細かく入念に計算する」といった意味合いが浮かんできますが果たしてどうでしょうか。

・精算:金銭的な計算を細かく行うこと。詳細に計算すること。

文字から推察されていた意味とだいたい一致していたようですが、ポイントとなるのは「金銭的な」という点ですね。つまり、詳細に計算する対象は「お金」であるということです。従って、数学や物理等において細かな計算を行ったとしても「精算(した)」とは言わない訳です。

「清算」とは

続いて「清算」についても同様にみていきましょう。「清」は「清い」、つまり美しく濁りが無い、きれいな状態を示す言葉ですから「きれいにするために計算する」といった少々わかりにくい意味となってしまいます。では辞書で意味を確認してみましょう。

・清算:築いてきた関係を解消すること。金銭を支払うことにより結論を出すこと、けじめや決着をつけること。

「清い」という漢字から推察された「きれいにする」とは、関係をきれいさっぱりなかったことにするといった意味合いだったようですね。例えば「不倫関係にあった相手との関係を清算する」といった言い方をしますが、不倫関係をきれいさっぱりなくす場合には「精算」ではなく「清算」を使用する訳です。また「清算」には金銭を支払うことで一定の結論を出すといった意味がありますが、前述の事例などの通り、「金銭」が必ず介在するとは限らないという点も「精算」との違いの一つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…
  2. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…
  3. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  2. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  3. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  4. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  5. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  6. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
ページ上部へ戻る