幸甚の意味と使い方

お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されているメール等を受け取ったりする機会があると思われます。ではこの「幸甚」という言葉についての意味や正しい使い方、特に類似している言葉として「幸い」がありますが「幸い」との違い等について明確に答えることができるでしょうか。

「幸甚」はビジネスの場面において、しかもお客様や目上の方に対して使用する言葉です。間違った理解や使い方は許されませんので、この記事を通じてぜひ「幸甚」の正しい意味や使い方について理解を深めてください。

「幸甚」の意味とは

まず「幸甚」の意味についてですが、辞書を引く前に「幸甚」を構成している漢字に着目して意味を類推してみましょう。

「幸甚」の「幸」は「幸せ」であり、「甚」は「甚だしい(はなはだしい)」ですからこの二語が組み合わされれば「この上ない甚だしい幸せ」といった意味合いが浮かんできます。辞書での幸甚の意味は「何よりの幸せ、幸福の最上表現」です。万一意味を忘れてしまっても「幸甚」を構成する二つの漢字に着目し、それぞれ意味を辿って組み合わせれば想起することができますので、このことも合わせて憶えておくようにして下さいね。

「幸甚」を使う上でのポイント

「幸甚」を使用する上でポイントとなる点は「幸甚」が「幸福の最上表現」だという点です。「最上の幸せ」即ち「これ以上幸せなことはございません」といった意味合いを伝える言葉ですから、繰り返し、頻繁に使用できる言葉ではないと言えます。逆に使用し過ぎると、大変硬い表現でもあることから相手に対してよそよそしい感じや大袈裟な印象、あるいは「くどい」といった印象を与えることになり却ってマイナスです。従って「幸甚です」を使用する場合は、同一文章内では一つに留めることが基本です。

次に「幸甚」は「最上表現」なので、例えばクライアントへの定型的な業務依頼のメール時に仮に一箇所であっても「幸甚です」を使用するのはオーバーです。それどころか、場合によっては「嫌味」に受け取られる可能性すらありますので慎重に使用した方が良いと言えます。もっとも、定型的な業務のやり取りであっても単に「お願いします」という伝え方では不足を感じる特別な依頼事項が生じることはあると思われます。そのような場合は「幸甚です」ではなく、「幸いです」を使用した方が大袈裟な印象を与えずに済みます。

即ち「お願いします」とストレートな依頼では抵抗感が伴うような依頼事項で、「お願いできればありがたい」といった主旨を丁寧な表現したものが「お願いできれば幸いです」という表現になる訳です。

まとめますと、「お願いできれば幸いです」と「お願いできれば幸甚です」は意味は似ていますが「同等」ではないこと、「お願いできれば幸甚です」という表現は「幸いです」という丁寧な表現でも不足するぐらい特別な相手に対し特別な依頼事項をする場面で使用するもの、という理解をしておくことが大切だということです。

「幸甚」の意味や使い方、特に「幸い」との違いなどについて紹介しましたが、非常に丁寧な言い方だけに、使う頻度や場面を誤ると却ってマイナスになる場合があることは重要なポイントだと言えます。相手に対して丁寧に意向を伝えたいという思いを託す言葉だけに、その頻度や機会をよく踏まえて適切に使用するよう心掛けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  2. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…
  3. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確…
  3. 企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダー…
  4. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  5. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  6. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
ページ上部へ戻る