承認と承諾の意味の違い

「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確な違いはよくわからないまま使用しているという方は多いのではないでしょうか。特にビジネスにおいて多用する言葉は誤った使い方をしていればお客様に失礼になったり、自分自身が恥をかいたりすることもあります。

それだけに違い等をはっきりと理解できていない言葉は一つでも多く解消しておきたいものですね。そこで今回は「承認」と「承諾」の意味の違いについて御紹介することに致します。

「承認」の意味

「承認」の意味から確認することにしましょう。「承認」とは「そのことが正しい、正当であると認めること」というのが辞書上の意味です。この意味を理解するには「承認」の「認」という字に着目することがポイントです。「認」とは「認めること」であり、「認めること」とは「正しいこととして対象の事項を受け入れること」という意味です。

正否がはっきりしていない事項に対して「それは正しいと認めます」といったお墨付きを与える場面で用いられるのが「承認」なのです。

「承諾」の意味

つぎに「承諾」の意味を確認してみることにしましょう。「承諾」とは「相手からの要求や頼みを引き受けること、または聞き入れること」です。

「承認」とはかなりニュアンス的な違いがあることに気付かれたのではないでしょうか。「承諾」の「諾」の字に着目すれば、より意味を理解しやすくなります。「諾」は「諾う」(うべなう)という意味であり、「諾う」とは承諾の意味とほぼ同義で「引き受けること」です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  2. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  3. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  2. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  3. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
  4. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  5. 昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの…
  6. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
ページ上部へ戻る