承認と承諾の意味の違い

「承認」も「承諾」もビジネスにおいてよく用いる言葉でありながら言葉も意味も大変似ていることから、明確な違いはよくわからないまま使用しているという方は多いのではないでしょうか。特にビジネスにおいて多用する言葉は誤った使い方をしていればお客様に失礼になったり、自分自身が恥をかいたりすることもあります。

それだけに違い等をはっきりと理解できていない言葉は一つでも多く解消しておきたいものですね。そこで今回は「承認」と「承諾」の意味の違いについて御紹介することに致します。

「承認」の意味

「承認」の意味から確認することにしましょう。「承認」とは「そのことが正しい、正当であると認めること」というのが辞書上の意味です。この意味を理解するには「承認」の「認」という字に着目することがポイントです。「認」とは「認めること」であり、「認めること」とは「正しいこととして対象の事項を受け入れること」という意味です。

正否がはっきりしていない事項に対して「それは正しいと認めます」といったお墨付きを与える場面で用いられるのが「承認」なのです。

「承諾」の意味

つぎに「承諾」の意味を確認してみることにしましょう。「承諾」とは「相手からの要求や頼みを引き受けること、または聞き入れること」です。

「承認」とはかなりニュアンス的な違いがあることに気付かれたのではないでしょうか。「承諾」の「諾」の字に着目すれば、より意味を理解しやすくなります。「諾」は「諾う」(うべなう)という意味であり、「諾う」とは承諾の意味とほぼ同義で「引き受けること」です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  2. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
  3. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  4. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  5. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  6. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
ページ上部へ戻る