査収の意味と使い方

ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末に一言「ご査収ください」と記載されているのを見たことがあると思います。この「査収(さしゅう)」という言葉の正確な意味や用法について、皆さんはご存知でしょうか。

あやふやな知識のまま大切なお客様に対して使用していたり、後から誤った用法であったことに気付いたとなっては大変です。ビジネス文書で使用する機会が多い言葉なだけに、正確な知識にもとづいて正しく使用することが重要ですよね。そこで今回は「査収」の意味と正しい使い方について解説致します。


「査収」の意味

◎査収の意味
金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。
引用:コトバンク

上記の通り査収とは、受け取った相手によく調べてもらうことを意味しています。例えば顧客が法人の場合、一般的には、事前に顧客企業へ契約書の雛形を送って契約内容を確認してもらい、相手が承認してから本契約に進むことが多いと思います。相手に契約書の雛形を添付したメールを送ったときに、このときに「査収」という言葉は使われます。

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

辞書が手元になかったり、辞書で覚えた意味を忘れても意味を想起できるよう「査収」という熟語を構成する漢字に着目し、その意味を想像してみることに取り組んでみましょう。

査収の「査」

まずは「査」が、他のどんな熟語で使用されているか見ていくと、「調査」「検査」「査定」「査察」など、全て「調べる」ことに関わる言葉に使用されています。つまり「査」は「よく調べる」という意味があります。

査収の「収」

次に査収の「収」ですが、これを訓読みにすると「収める」になります。従ってこの2つの漢字を組み合わせたら「よく調べた上で収める」といった意味が類推できます。このように言葉の意味を忘れたり、知らない場合でも、「査収」に限らず熟語を構成する漢字を分解して意味を類推することで、おおよその意味が掴めたり、思い出すことができたりするため、この方法もぜひ覚えておいて下さいね。続いては査収の正しい使い方、間違った使い方をご説明していきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  3. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  2. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  3. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  4. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  5. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  6. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
ページ上部へ戻る