査収の意味と使い方

ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末に一言「ご査収ください」と記載されているのを見たことがあると思います。この「査収(さしゅう)」という言葉の正確な意味や用法について、皆さんはご存知でしょうか。

あやふやな知識のまま大切なお客様に対して使用していたり、後から誤った用法であったことに気付いたとなっては大変です。ビジネス文書で使用する機会が多い言葉なだけに、正確な知識にもとづいて正しく使用することが重要ですよね。そこで今回は「査収」の意味と正しい使い方について解説致します。


「査収」の意味

◎査収の意味
金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。
引用:コトバンク

上記の通り査収とは、受け取った相手によく調べてもらうことを意味しています。例えば顧客が法人の場合、一般的には、事前に顧客企業へ契約書の雛形を送って契約内容を確認してもらい、相手が承認してから本契約に進むことが多いと思います。相手に契約書の雛形を添付したメールを送ったときに、このときに「査収」という言葉は使われます。

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

辞書が手元になかったり、辞書で覚えた意味を忘れても意味を想起できるよう「査収」という熟語を構成する漢字に着目し、その意味を想像してみることに取り組んでみましょう。

査収の「査」

まずは「査」が、他のどんな熟語で使用されているか見ていくと、「調査」「検査」「査定」「査察」など、全て「調べる」ことに関わる言葉に使用されています。つまり「査」は「よく調べる」という意味があります。

査収の「収」

次に査収の「収」ですが、これを訓読みにすると「収める」になります。従ってこの2つの漢字を組み合わせたら「よく調べた上で収める」といった意味が類推できます。このように言葉の意味を忘れたり、知らない場合でも、「査収」に限らず熟語を構成する漢字を分解して意味を類推することで、おおよその意味が掴めたり、思い出すことができたりするため、この方法もぜひ覚えておいて下さいね。続いては査収の正しい使い方、間違った使い方をご説明していきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  2. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  3. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  4. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  5. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  6. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
ページ上部へ戻る