査収の意味と使い方

ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末に一言「ご査収ください」と記載されているのを見たことがあると思います。この「査収(さしゅう)」という言葉の正確な意味や用法について、皆さんはご存知でしょうか。

あやふやな知識のまま大切なお客様に対して使用していたり、後から誤った用法であったことに気付いたとなっては大変です。ビジネス文書で使用する機会が多い言葉なだけに、正確な知識にもとづいて正しく使用することが重要ですよね。そこで今回は「査収」の意味と正しい使い方について解説致します。


「査収」の意味

◎査収の意味
金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。
引用:コトバンク

上記の通り査収とは、受け取った相手によく調べてもらうことを意味しています。例えば顧客が法人の場合、一般的には、事前に顧客企業へ契約書の雛形を送って契約内容を確認してもらい、相手が承認してから本契約に進むことが多いと思います。相手に契約書の雛形を添付したメールを送ったときに、このときに「査収」という言葉は使われます。

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

「査収」の漢字から意味を紐解いてみよう

辞書が手元になかったり、辞書で覚えた意味を忘れても意味を想起できるよう「査収」という熟語を構成する漢字に着目し、その意味を想像してみることに取り組んでみましょう。

査収の「査」

まずは「査」が、他のどんな熟語で使用されているか見ていくと、「調査」「検査」「査定」「査察」など、全て「調べる」ことに関わる言葉に使用されています。つまり「査」は「よく調べる」という意味があります。

査収の「収」

次に査収の「収」ですが、これを訓読みにすると「収める」になります。従ってこの2つの漢字を組み合わせたら「よく調べた上で収める」といった意味が類推できます。このように言葉の意味を忘れたり、知らない場合でも、「査収」に限らず熟語を構成する漢字を分解して意味を類推することで、おおよその意味が掴めたり、思い出すことができたりするため、この方法もぜひ覚えておいて下さいね。続いては査収の正しい使い方、間違った使い方をご説明していきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    面接は、企業と就職希望者の意思疎通を行う大事な場面です。面接の合否の結果は、就職希望者のこれまでの経…
  2. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  3. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  2. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  3. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
  4. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  5. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  6. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
ページ上部へ戻る