「分かりかねる」「いたしかねる」は相手に失礼!意味と正しい使い方

皆さんは、例えばお客様からわからないことを尋ねられたり、無理な行動を要求されたりした場合に、お客様への丁寧な返答のつもりで「分かりかねます」「そのようなことはいたしかねます」といった返答をしてはいないでしょうか。この「分かりかねる」「いたしかねる」は表題の通り、実は丁寧な返事どころかお客様に対して失礼な言葉なのです。

「えっ、どういうこと?」と思った方も多いと思いますので、「分かりかねる」「いたしかねる」がなぜ相手に対して失礼なのか、その意味や適切な使い方等と共に解説することに致します。

動詞と組み合わせる「~かねる」の意味について

分かりかねる

「分かりかねる」「いたしかねる」の共通点は「分かり」や「いたし」といった動詞の連用形に続く形で「かねる」という言葉がきている点です。そこで動詞の連用形に連なった場合の「かねる」の意味から確認することにしましょう。この「かねる」にはおよそ3つの意味合いがあります。

  • 「~できない」という「不可能」であることを表す意味
  • 「~することは難しい」といった「困難」であることを表す意味
  • 「踏ん切りがつかない、決めかねる」といった「躊躇」を表す意味

この3つの意味があるということをまず理解しておいて下さい。

社会人なら身につけておくべきビジネスメールの基本マナーはこちら

なぜ「分かりかねる」や「いたしかねる」が相手に失礼なのか

致しかねる

では「かねる」にはおよそ3つの意味合いがあることを踏まえた上で、「分かりかねる(分かりかねます)」の意味はどのようになるかと言えば、次のように3つの意味が考えられます。

「分かりかねます」の意味

  • 分かることができません。
  • 分かることが困難です。
  • 分かろうとすることを決めかねています。

相手から質問を受けた場合に「分かりかねます」とだけ返答した場合、このように3つの意味の可能性が生じるため、どの意味を指しているのかわかりません。つまり丁寧なつもりが、実はとても意味がとりにくい返答になっている点でまず失礼なのです。

また、どの意味になるのかわかりにくいため、相手が3番目の躊躇を表す意味である「分かろうとすることを決めかねています」として返答を受けとめる可能性もあるということです。皆さんが相手から「あなたの言っていることを分かろうとすべきか迷っている」と言われたら、カチンときますよね。これは申し上げるまでもなく大変失礼な物言いとなります。

これは「いたしかねる(いたしかねます)」にもそのまま当てはまります。「やれることならやりたいが、自分には能力上難しい」という意味で伝えたつもりが「やろうかどうか決めかねている」と解釈されたとしても仕方がないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優柔不断な性格を克服する7つの方法

    決断力のない優柔不断な性格だと、選択を下す際に悩んだり、後で後悔することを繰り返してしまいます。優柔…
  2. 営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業マンにはそれぞれ強みや長所があり、その力を発揮することによって、お客様との関係性を構築したり、契…
  3. 無責任な上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    上司に仕事を丸投げされたときの対処法

    仕事をしない無責任な上司は、苦手な業務や面倒な仕事を、平気で部下に丸投げします。部下に対して、適切に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  2. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  3. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  4. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  5. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  6. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
ページ上部へ戻る