「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として正しい意味や使い方をちゃんと理解した上で適切に使用することが大切と言えます。そこで今回は「恐縮」の意味や正しい使い方を、例文を交えて皆さんへお伝えして参ります。

恐縮の意味

まずは「恐縮」の意味から理解することにしましょう。

恐縮の意味:(主に目上の)相手からの厚意を受けた場合に申し訳なく感じること、畏れ入ること

「恐縮」に限りませんが、日本語の文字は「表意文字」、即ち熟語をおりなす漢字そのものに一つ一つ意味がありますので「恐縮」を構成する「恐」と「縮」をそれぞれ確認することが「恐縮」の理解につながります。

「恐」の意味

「恐」には「恐怖」という熟語がすぐに浮かぶように、「恐れる」「こわがる」といった意味がありますが、実は「かしこまる」「慎む」といった相手を敬う意味もあるのです。

「縮」の意味

「縮」はその言葉通り「ちぢむ」「小さくなる」「小さくする」といった主に形状を表現する意味があります。

「恐」と「縮」を合体させた意味

「恐縮」の辞書的な意味を確認する前に、「恐」と「縮」の意味からこれら二語を組み合わせた場合の意味を推察してみましょう。そうすると「相手が恐れ多くかしこまり、小さくなる」といった意味が何となく推察されます。概ね本来の意味から推察されたとおりと言えます。

相手に協力してもらった場合などに相手を敬うだけでは足りず、こちらが小さくならなければならない状況を「恐縮」または「恐縮する」と表現すると言うことです。

ビジネスシーンに応じた恐縮の使い方

ビジネスシーンに応じた恐縮の使い方

一口に「恐縮」と言っても、実は多様なビジネスシーンでこの言葉は使うことができます。

相手からの厚意に対するお礼の言葉として

恐縮は相手から厚意を受けた場合に畏れ入るといった意味ですので、シンプルに相手から何らかの厚意を受けた場合の御礼の言葉として「ありがとうございます」「感謝申し上げます」といった御礼の言葉と主に使用することができます。一般的には「恐縮です」を先に伝えてから「心より感謝いたします」などの御礼の言葉を述べるのがスマートな言い方です。

「すみませんが」の代わりとして相手に何かを依頼する場合

こちらから相手に対して何か依頼をする場合の挨拶的な言葉としても使用することができます。つまり「すみませんが」の代わりにも使用することができます。例えば次のような例文があったとします。

すみませんが、御社の商品番号を教えて頂けないでしょうか。

これを恐縮を用いて相手に伝えると以下の通りとなります。

・恐縮ですが、御社の商品番号を教えて頂けないでしょうか。

という具合に代用することが可能です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  2. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  3. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  2. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  3. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  4. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  5. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  6. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
ページ上部へ戻る