「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として正しい意味や使い方をちゃんと理解した上で適切に使用することが大切と言えます。そこで今回は「恐縮」の意味や正しい使い方を、例文を交えて皆さんへお伝えして参ります。

恐縮の意味

まずは「恐縮」の意味から理解することにしましょう。

恐縮の意味:(主に目上の)相手からの厚意を受けた場合に申し訳なく感じること、畏れ入ること

「恐縮」に限りませんが、日本語の文字は「表意文字」、即ち熟語をおりなす漢字そのものに一つ一つ意味がありますので「恐縮」を構成する「恐」と「縮」をそれぞれ確認することが「恐縮」の理解につながります。

「恐」の意味

「恐」には「恐怖」という熟語がすぐに浮かぶように、「恐れる」「こわがる」といった意味がありますが、実は「かしこまる」「慎む」といった相手を敬う意味もあるのです。

「縮」の意味

「縮」はその言葉通り「ちぢむ」「小さくなる」「小さくする」といった主に形状を表現する意味があります。

「恐」と「縮」を合体させた意味

「恐縮」の辞書的な意味を確認する前に、「恐」と「縮」の意味からこれら二語を組み合わせた場合の意味を推察してみましょう。そうすると「相手が恐れ多くかしこまり、小さくなる」といった意味が何となく推察されます。概ね本来の意味から推察されたとおりと言えます。

相手に協力してもらった場合などに相手を敬うだけでは足りず、こちらが小さくならなければならない状況を「恐縮」または「恐縮する」と表現すると言うことです。

ビジネスシーンに応じた恐縮の使い方

ビジネスシーンに応じた恐縮の使い方

一口に「恐縮」と言っても、実は多様なビジネスシーンでこの言葉は使うことができます。

相手からの厚意に対するお礼の言葉として

恐縮は相手から厚意を受けた場合に畏れ入るといった意味ですので、シンプルに相手から何らかの厚意を受けた場合の御礼の言葉として「ありがとうございます」「感謝申し上げます」といった御礼の言葉と主に使用することができます。一般的には「恐縮です」を先に伝えてから「心より感謝いたします」などの御礼の言葉を述べるのがスマートな言い方です。

「すみませんが」の代わりとして相手に何かを依頼する場合

こちらから相手に対して何か依頼をする場合の挨拶的な言葉としても使用することができます。つまり「すみませんが」の代わりにも使用することができます。例えば次のような例文があったとします。

すみませんが、御社の商品番号を教えて頂けないでしょうか。

これを恐縮を用いて相手に伝えると以下の通りとなります。

・恐縮ですが、御社の商品番号を教えて頂けないでしょうか。

という具合に代用することが可能です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のモチベーションを上げる8つの方法

    なんとなく気分が乗らなくて会社に行きたくない、仕事のモチベーションが上がらない経験をしたことは誰しも…
  2. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…
  3. 書類選考で落ちる書き方の9つの共通点

    書類選考を通過できないのは、二つの理由に分けられます。以下をご覧ください。 ◎書類選考で落…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  2. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方・マナー・メール例文まとめ
    「お忙しいところ…」から始まる定型句は、ビジネスシーンではよく耳にすることの多い言葉ではないでしょう…
  4. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  5. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  6. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
ページ上部へ戻る