5W1Hの意味・使い方

ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて伝えることが大事です。では「5W1H」とは具体的に如何なるものなのか、またビジネス文書を作成する場合に大切にすべき5W1Hを用いた書き方、5W1Hの使い方のポイントなどについて解説して参ります。

5W1Hの意味

5W1Hの意味

5W1Hはこれからご紹介する6つの要素を表す言葉を合体させたものです。それぞれの要素は以下のとおりです。

5W1Hを構成する6つの要素

  • だれが(Who)
  • いつ (When)
  • どこで(Where)
  • なにを(What)
  • なぜ、どうして(Why)
  • どのように(How)

これら6つの英単語の最初のイニシャルのうち、「W」から始める5つと「H」から始まる一語のそれぞれの頭文字を組み合わせて「5W1H」と呼称しています。特にビジネスにおいて情報を相手に伝える場合、これら6つの要素をカバーすると漏れがなく、正しく情報が伝わることからビジネスの基本ノウハウとして「5W1H」は広く浸透していった訳です。

5W1Hは「新聞記事の要素」

5W1Hは、ライターが新聞記事を作成する上で、表現するための必須要素とされていました。新聞記事は、記事内容を正確に伝えることが使命といえるビジネス文書。記事を読む読者は、人によってさまざまな視点を持っていることから、曖昧な表現をしてしまうと事実が正確に伝わらず、情報媒体として十分に機能できていないことになってしまいます。

5W1Hを踏まえれば「伝えたい事実」を正確に伝えることができるため、新聞記者は、取材時はもちろん、記事として書き出す際は5W1Hを網羅することを心掛けて執筆しています。新聞記事が大切にしてきた5W1Hの要素は、大切な情報を互いに共有し合う必要が頻繁に生じるビジネスの場面で利用されるようになったのは必然だと言っても良いでしょう。

5W1Hの使い方・例文

5W1Hの使い方・例文

では5WIHはどのように使えば良いのでしょうか。具体的な例文を用いて5W1Hの使い方を確認することにしましょう。

5W1Hの例文

「私は先週、本社で行われる会議に出席するために新幹線で大阪から東京へ向かいました。」

ではこの例文のどの部分が5WIHにそれぞれ当てはまるか、該当する箇所を当てはめてみることにします。

  • だれが(Who):私
  • いつ (When):先週
  • どこで(Where):大阪から東京へ
  • なにを(した)(What):向かった
  • なぜ、どうして(Why):本社で行われる会議に出席するため
  • どのように(How):新幹線で

このように文章を5W1Hで分解してみると、この例文が相手に情報を伝える場合に必要な要素を全て網羅していることが確認できますし、同時に5W1Hを漏らすことなく文に盛り込めば、情報が的確に伝えられることを改めて理解できたのではないでしょうか。

5WIHの使い方・捕捉

5WIHの使い方について補足をしますと、例文を読んだ時点では「なにを(What)」に該当するものがわからなかった方がいたかも知れません。「なにを(What)」は物だけに限定されないこと、むしろ「行為」をさす場合が多いことがポイントになります。

そのため「何を」ではなく、カッコ書きをしたとおり「何をした」という意味で「What」をとらえると理解しやすくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  2. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  3. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
  4. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  5. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  6. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
ページ上部へ戻る