「覚える」と「憶える」の意味の違い

グローバル化が進むにつれて言語は簡略化され、各国言語の微妙なニュアンスや固有表現などの重要性は忘れられつつあります。しかし単一言語、単一価値観などの共通ルールによって世界が統一されるという夢は、時に国の文化の独自性を損ない、個性さえも失われてしまいます。すべての人が同じような言語を用い、同じような価値観を持ってしまえば、言語が貢献するところの想像力や表現の幅が狭まり、思考の多様性が奪われ、発見や進化という可能性さえも奪われてしまう危険性さえあります。

そんなグローバル時代だからこそ、あえて日本語及びその言語に付随する微妙なニュアンスを大 切にしながら感性を研ぎ澄ませてみるのはいかがでしょうか。ここでは「覚える」と「憶える」という一見同様に見える同士の違いについて解説します。

「覚える」「憶える」の意味

「覚える」「憶える」の意味

「覚える」の意味

「覚える」の意味は多様であり、多用される意味としては「記憶する」「習得する」といったものが多いと思います。しかし自然言語という性質上、完全に固定的な定義というものはなく、日常で用いられるうちにこの動詞の意味が広がっていったと考えられます。現状で慣習的に用いられている意味合いには以下のようなものがあります。

1 見聞きした事柄を心にとどめる。記憶する。 2 学んだり経験したりして、身につける。習得する。 3 からだや心に感じる。 4 (古風な言い方)思われる。 5 思い出して話す。 6 自然と思い出される。ふと想像される。 7 似る。似合う。 8 他人からそう思われる。 9 意識がはたらく。分別する。 引用:コトバンク「覚える

「憶える」の意味

「憶える」は「覚える」の1番の意味、「見聞きした事柄を心にとどめる。記憶する。」という意味に近いです。また「憶測」 (自分で勝手に想像すること)、追憶(過ぎ去ったことに思いをはせること。過去をしのぶこと。)という熟語に見られるように想像力、心的イメージを連想させるような例で用いられることがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  2. 「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    「保障」「保証」「補償」の正しい意味・違い

    仕事の中でも特に金融・保険関係を取り扱う業務では比較的使う頻度が高いと考えられる同音異義語、「保障」…
  3. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. FAXを送る時の6つの基本マナー【送信状の正しい書き方つき】
    FAXを使用したことがなくマナーが分からない! FAXを送り間違えて上司や取引先に怒られた…
  2. 転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分に…
  3. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  4. 領収証はその字のとおり「領収を証する書類」ですので、正確でなければならない書類です。そのため本来ミス…
  5. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  6. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
ページ上部へ戻る