ご尽力・お力添えの意味と使い方まとめ【例文あり】

「お力添え」の意味とは?

助けるという言葉の敬語表現に「お力添え」という言葉があります。これは、「お」をつけるかつけないかで使い分けをし、「お」をつける場合は、目上の人に対して使うときです。「お」をつけない場合は友達、同僚の場合となります。では、どんなシーンで利用することがあるのでしょうか。下記で、「お力添え」を使うシーンを例と共に紹介します。

お礼をするときの使い方

・今回成功できたのは、皆さまのお力添えのお陰です
・先ほどは、お力添えいただきありがとうございました

お願いをする場合

・お力添えいただきますよう宜しくお願い致します
・今後とも、お力添えの程何卒宜しくお願い致します

一度「お力添え」という言葉の使い方を身に着けることで、ビジネスシーンで恥をかくことはありません。

使うときに注意しなければいけないこと

「お力添え」「ご尽力」という言葉は敬語ですので、目上の方、上司、取引先どんなシーンでも利用することができます。しかし、あまり使いすぎてしまい嫌味に聞こえることがあります。丁寧にしたつもりが、嫌味にとらえられてしまう場合があるので、使うシーンをしっかりと分けるようにしましょう。

「お力添え」「ご尽力」は、「助ける」という言葉の敬語となります。ですが、少し意味合いが異なってきます。「お力添え」の場合は、周りの人から協力、支援をしてもらったときに使います。ですので、こう言ったことをされた場合に利用しましょう。

「ご尽力」は、一緒に努力をしてもらったとき、協力をしてほしいと言ったときに利用します。意味合いを間違ってとらえてしまうと、相手を嫌な気持ちにさせてしまいますのでシーンを考えて利用することをおすすめします。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  3. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  2. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  3. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  4. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
ページ上部へ戻る