ご尽力・お力添えの意味と使い方まとめ【例文あり】

ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を達成するために、全力で努力をする」という意味を持っています。この言葉は、相手を敬っていることを意味しているので、目上の方や取引先などどんなシーンで利用しても特に失礼に当たることはありません。ただ、「尽力を尽くします」と使われる方がいますが、この使い方は間違っています。見るとわかるかと思いますが、重複表現になっています。この表現は日本語として間違っているので、どんなシーンであっても「尽力を尽くします」と表現するのは避けましょう。

「お力添え」というのは、周りの人に感謝するときに使います。例えば、プロジェクトを成功させるために多くの人から力を借りた場合には「お力添え」と言います。これらの言葉は、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

メールはもちろんのこと、直接お礼を言うときにも利用するので、どんなシーンで使うのかを事前に調べておくと便利です。敬語の中でも、使って失礼だと思われることがないので、特に目上の方や取引先の方の前で活用していきましょう。この言葉の使い分けを知ることで、取引先との関係も良好になります。

正しい「ご尽力」の表現方法

言葉の意味が分かったとしても、正しい方法で使わなければどんなに失礼がない言葉でも、相手を怒らせたり、常識のない人と思われたりします。ですので、正しい言葉使いを身に着けることが重要です。「ご尽力」には2種類で使い分けをしましょう。相手に伝えるときは「ご尽力」自分の場合には「尽力」を使います。下記で、実際に利用するシーンの多い使い方の例を紹介します。

相手に対して使う場合

・ご尽力いただき感謝しております
・皆さまからのご尽力ありがとうございました

自分で使う場合

・誠心誠意尽力をで頑張ります
・スタッフ一同、尽力させていただきます

このように、自分と相手で使い分けをすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…
  2. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  3. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  2. 面接時に荷物になってくるものと言えば自分の鞄の他、冬場ならコートなどがあげられます。鞄やコートを面接…
  3. 2014年に発売されベストセラーにもなった「京セラフィロソフィー」こちらの本は京セラの会長でもあり、…
  4. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  5. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  6. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
ページ上部へ戻る