ご尽力・お力添えの意味と使い方まとめ【例文あり】

ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を達成するために、全力で努力をする」という意味を持っています。この言葉は、相手を敬っていることを意味しているので、目上の方や取引先などどんなシーンで利用しても特に失礼に当たることはありません。ただ、「尽力を尽くします」と使われる方がいますが、この使い方は間違っています。見るとわかるかと思いますが、重複表現になっています。この表現は日本語として間違っているので、どんなシーンであっても「尽力を尽くします」と表現するのは避けましょう。

「お力添え」というのは、周りの人に感謝するときに使います。例えば、プロジェクトを成功させるために多くの人から力を借りた場合には「お力添え」と言います。これらの言葉は、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

メールはもちろんのこと、直接お礼を言うときにも利用するので、どんなシーンで使うのかを事前に調べておくと便利です。敬語の中でも、使って失礼だと思われることがないので、特に目上の方や取引先の方の前で活用していきましょう。この言葉の使い分けを知ることで、取引先との関係も良好になります。

正しい「ご尽力」の表現方法

言葉の意味が分かったとしても、正しい方法で使わなければどんなに失礼がない言葉でも、相手を怒らせたり、常識のない人と思われたりします。ですので、正しい言葉使いを身に着けることが重要です。「ご尽力」には2種類で使い分けをしましょう。相手に伝えるときは「ご尽力」自分の場合には「尽力」を使います。下記で、実際に利用するシーンの多い使い方の例を紹介します。

相手に対して使う場合

・ご尽力いただき感謝しております
・皆さまからのご尽力ありがとうございました

自分で使う場合

・誠心誠意尽力をで頑張ります
・スタッフ一同、尽力させていただきます

このように、自分と相手で使い分けをすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  2. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  3. 上司との昼食ランチマナー6選

    上司との昼食ランチマナー6選

    職場の上司にランチを誘われて昼食を一緒に食べに行くことになったとき、あなたは必要なマナーを心がけて接…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  2. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  3. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  4. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  5. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  6. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
ページ上部へ戻る