拝啓・敬具の意味と正しい使い方

使う挨拶の組み合わせを間違えない

これらを一緒に使って手紙を書いたりするのが、ビジネスマナーになっていますが、他にも様々な結びの言葉が多くあります。他には「謹啓」と「敬白」の組み合わせ、「前略」と「草々」の組み合わせがあります。どちらも手紙などでは使用されていますが、ビジネス時には使用することはほとんどありません。

特に「謹啓」と「敬白」は、「拝啓」「敬具」をもっと丁寧な言い方に変えた時に使いますが、「前略」と「草々」においては、日常の手紙などで使用する挨拶になっていて、ビジネス時には使用しません。「前略」では、時候の挨拶などもなく、取り急いで用件からという意味で使われています。「草々」では、結ぶ言葉で、慌ただしくて申し訳ありませんなどの、詫びる言葉になっています。これらの組み合わせは、ビジネス時に使用することはないので気を付けましょう。

念のため、「拝啓」などの頭語と「敬具」などの結語の組み合わせについて下記でご紹介しておきます。

頭語 結語
一般 拝啓 /拝呈 敬具
丁重な場合 謹啓/謹呈/恭啓 謹言/謹白/敬白
急ぎの場合 急啓 /急呈 敬具/ 草々
前文省略する場合 前略/冠省 草々/不一
重ねて出す場合 再啓/再呈 敬具/敬白
返信の場合 拝復/復啓 敬具/敬白

ビジネスメールではどれも使わない

これらの挨拶文の組み合わせは分かっても、最近では手紙のやりとりは少なくなっており、メールでのやりとりも増えてきています。では、この「拝啓」「敬具」はビジネスメールでは使えるのか?と考えるかもしれませんが、実際にはメールではこのような挨拶文は使うことはありません。メールには、メールのビジネスマナーがあり、これは手紙やお礼状のみの使用になっています。間違えて使わないようにしましょう。

手紙で「拝啓」「敬具」を入れる場所

「拝啓」を書く位置は、左端で文頭に書きます。この後は必ず改行するようにしましょう。改行しないと、おじぎと一緒に話し出すようになってしまうので気をつけましょう。「敬具」は、文章を改行して最後の右端に書きます。少し後ろに引いて、イメージとしては別れの挨拶を行うようにしてください。さらに丁寧に書こうと、同じような意味の言葉をつけてしまわないようにしましょう。「拝啓」には謹んで申し上げるといった意味があり、「敬具」には、これからもご愛顧いただきますよう謹んで申し上げますといった意味合いも同じになってしまうので、気をつけましょう。

現在ではなかなか使う機会が少なくなってきましたが、「拝啓」「敬具」の意味や使い方をきちんと知ることで、しっかりとしたビジネスマナーが身に付いていきます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    ミシュラン一つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が海外展開へ!

    「ミシュランガイド東京2016」でラーメン店としては世界初の一つ星を獲得した「Japanese So…
  2. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  3. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  2. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  3. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  4. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  5. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  6. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
ページ上部へ戻る