拝啓・敬具の意味と正しい使い方

使う挨拶の組み合わせを間違えない

これらを一緒に使って手紙を書いたりするのが、ビジネスマナーになっていますが、他にも様々な結びの言葉が多くあります。他には「謹啓」と「敬白」の組み合わせ、「前略」と「草々」の組み合わせがあります。どちらも手紙などでは使用されていますが、ビジネス時には使用することはほとんどありません。

特に「謹啓」と「敬白」は、「拝啓」「敬具」をもっと丁寧な言い方に変えた時に使いますが、「前略」と「草々」においては、日常の手紙などで使用する挨拶になっていて、ビジネス時には使用しません。「前略」では、時候の挨拶などもなく、取り急いで用件からという意味で使われています。「草々」では、結ぶ言葉で、慌ただしくて申し訳ありませんなどの、詫びる言葉になっています。これらの組み合わせは、ビジネス時に使用することはないので気を付けましょう。

念のため、「拝啓」などの頭語と「敬具」などの結語の組み合わせについて下記でご紹介しておきます。

頭語 結語
一般 拝啓 /拝呈 敬具
丁重な場合 謹啓/謹呈/恭啓 謹言/謹白/敬白
急ぎの場合 急啓 /急呈 敬具/ 草々
前文省略する場合 前略/冠省 草々/不一
重ねて出す場合 再啓/再呈 敬具/敬白
返信の場合 拝復/復啓 敬具/敬白

ビジネスメールではどれも使わない

これらの挨拶文の組み合わせは分かっても、最近では手紙のやりとりは少なくなっており、メールでのやりとりも増えてきています。では、この「拝啓」「敬具」はビジネスメールでは使えるのか?と考えるかもしれませんが、実際にはメールではこのような挨拶文は使うことはありません。メールには、メールのビジネスマナーがあり、これは手紙やお礼状のみの使用になっています。間違えて使わないようにしましょう。

手紙で「拝啓」「敬具」を入れる場所

「拝啓」を書く位置は、左端で文頭に書きます。この後は必ず改行するようにしましょう。改行しないと、おじぎと一緒に話し出すようになってしまうので気をつけましょう。「敬具」は、文章を改行して最後の右端に書きます。少し後ろに引いて、イメージとしては別れの挨拶を行うようにしてください。さらに丁寧に書こうと、同じような意味の言葉をつけてしまわないようにしましょう。「拝啓」には謹んで申し上げるといった意味があり、「敬具」には、これからもご愛顧いただきますよう謹んで申し上げますといった意味合いも同じになってしまうので、気をつけましょう。

現在ではなかなか使う機会が少なくなってきましたが、「拝啓」「敬具」の意味や使い方をきちんと知ることで、しっかりとしたビジネスマナーが身に付いていきます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  2. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    えこひいきする上司の対処法・評価される人の5つの特徴

    会社で同じ業務を担当していたり、社内のポジションが自分と変わらないのに、なぜか上司からえこひいきされ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  2. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  3. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  4. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  5. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  6. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
ページ上部へ戻る