拝啓・敬具の意味と正しい使い方

使う挨拶の組み合わせを間違えない

これらを一緒に使って手紙を書いたりするのが、ビジネスマナーになっていますが、他にも様々な結びの言葉が多くあります。他には「謹啓」と「敬白」の組み合わせ、「前略」と「草々」の組み合わせがあります。どちらも手紙などでは使用されていますが、ビジネス時には使用することはほとんどありません。

特に「謹啓」と「敬白」は、「拝啓」「敬具」をもっと丁寧な言い方に変えた時に使いますが、「前略」と「草々」においては、日常の手紙などで使用する挨拶になっていて、ビジネス時には使用しません。「前略」では、時候の挨拶などもなく、取り急いで用件からという意味で使われています。「草々」では、結ぶ言葉で、慌ただしくて申し訳ありませんなどの、詫びる言葉になっています。これらの組み合わせは、ビジネス時に使用することはないので気を付けましょう。

念のため、「拝啓」などの頭語と「敬具」などの結語の組み合わせについて下記でご紹介しておきます。

頭語 結語
一般 拝啓 /拝呈 敬具
丁重な場合 謹啓/謹呈/恭啓 謹言/謹白/敬白
急ぎの場合 急啓 /急呈 敬具/ 草々
前文省略する場合 前略/冠省 草々/不一
重ねて出す場合 再啓/再呈 敬具/敬白
返信の場合 拝復/復啓 敬具/敬白

ビジネスメールではどれも使わない

これらの挨拶文の組み合わせは分かっても、最近では手紙のやりとりは少なくなっており、メールでのやりとりも増えてきています。では、この「拝啓」「敬具」はビジネスメールでは使えるのか?と考えるかもしれませんが、実際にはメールではこのような挨拶文は使うことはありません。メールには、メールのビジネスマナーがあり、これは手紙やお礼状のみの使用になっています。間違えて使わないようにしましょう。

手紙で「拝啓」「敬具」を入れる場所

「拝啓」を書く位置は、左端で文頭に書きます。この後は必ず改行するようにしましょう。改行しないと、おじぎと一緒に話し出すようになってしまうので気をつけましょう。「敬具」は、文章を改行して最後の右端に書きます。少し後ろに引いて、イメージとしては別れの挨拶を行うようにしてください。さらに丁寧に書こうと、同じような意味の言葉をつけてしまわないようにしましょう。「拝啓」には謹んで申し上げるといった意味があり、「敬具」には、これからもご愛顧いただきますよう謹んで申し上げますといった意味合いも同じになってしまうので、気をつけましょう。

現在ではなかなか使う機会が少なくなってきましたが、「拝啓」「敬具」の意味や使い方をきちんと知ることで、しっかりとしたビジネスマナーが身に付いていきます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  2. モンスター上司の5つの特徴

    モンスター上司の5つの特徴と対処法

    仕事のプレッシャーが原因でストレスを感じるならまだしも、直属の上司が、理不尽極まりない「モンスター上…
  3. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  2. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  3. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  4. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
  5. 同業他社や他業種と比較しても、給料水準が非常に高いと言われている野村証券。日本を代表する證券会社では…
  6. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
ページ上部へ戻る