拝啓・敬具の意味と正しい使い方

今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについて、社会人1年目になって初めて社会に出ていくことで、慣れないことばかりで様々な戸惑いや不安・緊張が起こると思います。今までは学生で、勉強などを学ぶ日々でしたが、社会に出ていくと、学んだことを発揮していかなければなりません。

特に挨拶などは、今までのように携帯やスマートフォンなどのメールなどではなく、書面や手紙などで行うことも増えていきます。そんな時にきちんとした意味や使い方を知っていないと、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるでしょう。そうならないためにもビジネス文の始まりでよく使われる「拝啓」「敬具」の正しい使い方や意味を知っておくと、今後手紙などで失礼がなくなります。きちんとした意味を理解して使いこなせるようにしましょう。

「拝啓」「敬具」の意味とは

拝啓や敬具は、手紙などのやりとりで使われる言葉になっていますが、なんとなくあいさつ程度にただ付いているわけではありません。手紙の最初に使うのが「拝啓」、最後につけるのが「敬具」になります。

そもそも拝啓には、訓読みで読んだ時に、「おがみもうす」と読めます。また「拝」は「お辞儀=つつしんで」の意味があり、「啓」は「述べる=申し上げる」という意味になっています。これには、「お辞儀して申し上げる」という挨拶と同じ意味合いで、手紙などの文章上に使われます。つまり、「手紙の中で相手にお辞儀をして挨拶している」ということになります。

この結びで使われる「敬具」ですが、訓読みで読んだ時に「うやうやしくととのえる」と読めます。これは、相手に敬意を表して結ぶという意味となり、手紙の中で相手に「また改めて」や、「それではまた」というような意味で使われています。つまり、「拝啓」「敬具」には、敬意を持って相手にきちんと挨拶する意味が込められているのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  2. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…
  3. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  2. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  3. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  4. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  5. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  6. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
ページ上部へ戻る