アウトバウンドとインバウンドの意味とは

ビジネス用語には様々なものがあり、社会人として知っておかなければならないものは多くあります。最近良く効かれるようになった言葉に、「アウトバウンド」「インバウンド」と言う言葉があります。業界問わず幅広く使われる言葉でもあるので、もちろんご存知の方も多いかもしれません。しかし業界によっては違った意味で使われることもある言葉なので、正しい意味を知っておくことはもちろん、業界によってどのような使い方がされるのかも知っておくことをおすすめします。


アウトバウンド・インバウンドとは

インバウンドとはアウトバウンドは「外向き、出していく」などを意味し、インバウンドは「内向き、入ってくる」と言う意味があります。マーケティングの世界では「インバウンドマーケティング」と言う言葉も最近よく聞かれるようになっていますが、外向き・内向き、とどこを向いた考え方なのか、という意味でその言葉の定義を捉えている人も多いと思います。まずはそれぞれの言葉の定義や考え方について見ていきたいと思います。

アウトバウンドとは

アウトバウンドとは言葉の通り、外向きを意味し、ビジネスにおいては外向きの業務のことを言います。アウトバンドは、「企業から顧客へ」となります。一般的に、サービスの提供や商品の販売などの営業行為はアウトバウンドとなります。

インバウンドとは

インバウンドはアウトバウンドとは反対に、内向きの業務です。企業においては「顧客から企業」へと考えることになります。顧客や見込み客からの問い合わせ、注文などの対応、こうした業務が顧客から企業への流れになります。このように、インバウンドかアウトバウンドかによってその業務は大きく異なります。


アウトバウンド・インバウンドのそれぞれの業務

業務アウトバウンド、インバウンド、それぞれにどのような違いがあるのか、具体的な業務をイメージして考えると分かりやすいかもしれません。例えばアウトバウンド、インバウンドが良く言われる業界の1つに「コールセンター」があります。コールセンターにおける業務を2つに当てはめて考えると、顧客へのアプローチや案内などはアウトバウンドの業務となります。企業の方から顧客や見込み客へアプローチする、連絡する、などの業務がアウトバウンドとなります。反対に顧客から連絡を受け対応を行う業務はインバウンドです。問い合わせやクレーム対応、注文などの対応のように人から企業へと働きかけるものがインバウンドの業務となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「仕事が評価されない」転職理由は通用するか

    面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  3. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  2. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  3. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  4. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  5. 「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料…
  6. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
ページ上部へ戻る