「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の意味の違い

「お疲れ様です」「ご苦労様です」は、仕事上であいさつ言葉として頻繁に使用されているポピュラーな言葉ですが、両語の使い分けはしっかりとできているでしょうか。今回は「お疲れ様です」「ご苦労様です」のそれぞれの意味と用法の違いについて、歴史的経緯等も踏まえながら明らかにして参ります。


「お疲れ様です」「ご苦労様です」の意味と違い

「お疲れ様です」「ご苦労様です」の意味ですが、どちらも辞書には「相手に対する労苦をねぎらう意で使用する言葉」として紹介されています。つまり意味としてはほぼ同意と考えて良いのですが、用法については次のような説明が加えられています。

・お疲れ様(です)・・・同僚や目上の立場の人に対して使用する
・ご苦労様(です)・・・目上の立場の人が目下の人に対して使用する

つまり、上司が部下に対して使用する場合は「ご苦労様」であり、皆さんが上司や同僚に対して使用する言葉は「お疲れ様でした」となります。この点を基本事項として、まず理解しておいてください。


会社の慣習等が異なっている場合はそれに従うべき

「お疲れ様です」「ご苦労様です」の使い分けとしては上記の内容が正しいのですが、例えば勤務先の会社が長年慣習的に上下関係無く「ご苦労様でした」と声をかけあっているといった場合なら、少なくとも「社内」では慣習に従った方が良いと言えます。良く知られている話として芸能界では時間帯に関係なく「おはようございます」と挨拶することが慣習になっていますが、一般社会では夜間に「おはようございます」ではおかしいので芸能界関係者もその点は理解した上で使い分けています。

それと同様にもし勤務先の会社でそうした長年の慣習があるなら、四角四面に考えるのではなくそうした慣習に則った方が良いと言えます。なぜなら、後述しますが「お疲れ様です」「ご苦労様です」の使い分けルールは昔から明確に確立されていた訳ではないからです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…
  2. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  2. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
  3. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  4. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  5. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
  6. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
ページ上部へ戻る