新入社員が妊娠して産休を取得するときの注意点4つ

新入社員として入社して間もない頃は急に休んでしまうことに抵抗があるかもしれません。例えば女性であれば妊娠して産休を取得することもあると思いますが、この場合もやはり新入社員となれば色々と悩むはずです。新入社員なのに本当に産休で休んでいいのか、休む際にはどのようなことに気を付ければいいのか、悩みのネタは尽きないはずです。そこでここでは、「新入社員の産休取得」をテーマにお話していきたいと思います。新入社員が産休を取得する際はどんなことに注意する必要があるのか、いざという気に慌てずに対応できるよう、この機会にしっかりと覚えておきましょう。


新入社員が産休を取得するときの注意点

新入社員が産休を取得するときの注意点入社してすぐに産休を取得するのは、やはり周りの目も気になりますし、長期の休みともまると引け目を感じてしまう人も多いかもしれません。しかし例え新入社員と言え、産休は従業員の権利であり何も悪いことではありません。とは言え、やはり産休を取得する際には周囲への配慮なども必要で、新入社員だからこそ注意しておきたいことがあるのも事実です。ここでは注意点を4つのポイントに分けてお話したいと思います。

1:産休の期間などについて知っておくこと

まずは産休として取得できる期間について知っておくことが大切です。産休は出産予定日前の6週間の期間となりますが、一口に産休と言っても産前、産後に分かれます。出産前の期間を産前休業とも言い、産後を産後休業と言います。産後仕事へ復帰するには、産後6週間経過してからとなっていることを知っておきましょう。

2:周囲の反応は良く無いものだと理解しておく

新入社員が産休を取ることを、あまり良く思わない人もいるかもしれません。社会人としてまだ一人前に仕事が出来ない新入社員のうちは、ネガティブな反応を見せる人がいることも多く、こうしたことはどこの会社でもよくあることだと言えます。周囲の反応はそもそもそんなものであることを理解して、ネガティブな反応に対して必要以上に神経質にならないようにしましょう。

3:会社とは十分に話し合うこと

産休を取ること自体は従業員としての当然の権利ではあるものの、休むことによって自分が担当している仕事に支障がでることも理解しておきましょう。いつから休むか、いつから復帰するかなどのタイミングなどについては十分に会社と話し合うことが大切です。引き継ぎなどを含め、極力周囲に迷惑をかけないようにすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  3. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  2. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  3. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  4. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  5. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  6. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
ページ上部へ戻る