新入社員が妊娠して産休を取得するときの注意点4つ

新入社員として入社して間もない頃は急に休んでしまうことに抵抗があるかもしれません。例えば女性であれば妊娠して産休を取得することもあると思いますが、この場合もやはり新入社員となれば色々と悩むはずです。新入社員なのに本当に産休で休んでいいのか、休む際にはどのようなことに気を付ければいいのか、悩みのネタは尽きないはずです。そこでここでは、「新入社員の産休取得」をテーマにお話していきたいと思います。新入社員が産休を取得する際はどんなことに注意する必要があるのか、いざという気に慌てずに対応できるよう、この機会にしっかりと覚えておきましょう。


新入社員が産休を取得するときの注意点

新入社員が産休を取得するときの注意点入社してすぐに産休を取得するのは、やはり周りの目も気になりますし、長期の休みともまると引け目を感じてしまう人も多いかもしれません。しかし例え新入社員と言え、産休は従業員の権利であり何も悪いことではありません。とは言え、やはり産休を取得する際には周囲への配慮なども必要で、新入社員だからこそ注意しておきたいことがあるのも事実です。ここでは注意点を4つのポイントに分けてお話したいと思います。

1:産休の期間などについて知っておくこと

まずは産休として取得できる期間について知っておくことが大切です。産休は出産予定日前の6週間の期間となりますが、一口に産休と言っても産前、産後に分かれます。出産前の期間を産前休業とも言い、産後を産後休業と言います。産後仕事へ復帰するには、産後6週間経過してからとなっていることを知っておきましょう。

2:周囲の反応は良く無いものだと理解しておく

新入社員が産休を取ることを、あまり良く思わない人もいるかもしれません。社会人としてまだ一人前に仕事が出来ない新入社員のうちは、ネガティブな反応を見せる人がいることも多く、こうしたことはどこの会社でもよくあることだと言えます。周囲の反応はそもそもそんなものであることを理解して、ネガティブな反応に対して必要以上に神経質にならないようにしましょう。

3:会社とは十分に話し合うこと

産休を取ること自体は従業員としての当然の権利ではあるものの、休むことによって自分が担当している仕事に支障がでることも理解しておきましょう。いつから休むか、いつから復帰するかなどのタイミングなどについては十分に会社と話し合うことが大切です。引き継ぎなどを含め、極力周囲に迷惑をかけないようにすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  3. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  2. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  3. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  4. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  5. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
  6. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
ページ上部へ戻る