新入社員が妊娠して産休を取得するときの注意点4つ

新入社員として入社して間もない頃は急に休んでしまうことに抵抗があるかもしれません。例えば女性であれば妊娠して産休を取得することもあると思いますが、この場合もやはり新入社員となれば色々と悩むはずです。新入社員なのに本当に産休で休んでいいのか、休む際にはどのようなことに気を付ければいいのか、悩みのネタは尽きないはずです。そこでここでは、「新入社員の産休取得」をテーマにお話していきたいと思います。新入社員が産休を取得する際はどんなことに注意する必要があるのか、いざという気に慌てずに対応できるよう、この機会にしっかりと覚えておきましょう。


新入社員が産休を取得するときの注意点

新入社員が産休を取得するときの注意点入社してすぐに産休を取得するのは、やはり周りの目も気になりますし、長期の休みともまると引け目を感じてしまう人も多いかもしれません。しかし例え新入社員と言え、産休は従業員の権利であり何も悪いことではありません。とは言え、やはり産休を取得する際には周囲への配慮なども必要で、新入社員だからこそ注意しておきたいことがあるのも事実です。ここでは注意点を4つのポイントに分けてお話したいと思います。

1:産休の期間などについて知っておくこと

まずは産休として取得できる期間について知っておくことが大切です。産休は出産予定日前の6週間の期間となりますが、一口に産休と言っても産前、産後に分かれます。出産前の期間を産前休業とも言い、産後を産後休業と言います。産後仕事へ復帰するには、産後6週間経過してからとなっていることを知っておきましょう。

2:周囲の反応は良く無いものだと理解しておく

新入社員が産休を取ることを、あまり良く思わない人もいるかもしれません。社会人としてまだ一人前に仕事が出来ない新入社員のうちは、ネガティブな反応を見せる人がいることも多く、こうしたことはどこの会社でもよくあることだと言えます。周囲の反応はそもそもそんなものであることを理解して、ネガティブな反応に対して必要以上に神経質にならないようにしましょう。

3:会社とは十分に話し合うこと

産休を取ること自体は従業員としての当然の権利ではあるものの、休むことによって自分が担当している仕事に支障がでることも理解しておきましょう。いつから休むか、いつから復帰するかなどのタイミングなどについては十分に会社と話し合うことが大切です。引き継ぎなどを含め、極力周囲に迷惑をかけないようにすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  2. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…
  3. 上司との昼食ランチマナー6選

    上司との昼食ランチマナー6選

    職場の上司にランチを誘われて昼食を一緒に食べに行くことになったとき、あなたは必要なマナーを心がけて接…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  2. 職場で働いていると、絶えず人間関係に悩まされたり、ストレスがたまったりするものです。そして、人間関係…
  3. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  4. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  5. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  6. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
ページ上部へ戻る