新入社員が妊娠して産休を取得するときの注意点4つ

新入社員として入社して間もない頃は急に休んでしまうことに抵抗があるかもしれません。例えば女性であれば妊娠して産休を取得することもあると思いますが、この場合もやはり新入社員となれば色々と悩むはずです。新入社員なのに本当に産休で休んでいいのか、休む際にはどのようなことに気を付ければいいのか、悩みのネタは尽きないはずです。そこでここでは、「新入社員の産休取得」をテーマにお話していきたいと思います。新入社員が産休を取得する際はどんなことに注意する必要があるのか、いざという気に慌てずに対応できるよう、この機会にしっかりと覚えておきましょう。


新入社員が産休を取得するときの注意点

新入社員が産休を取得するときの注意点入社してすぐに産休を取得するのは、やはり周りの目も気になりますし、長期の休みともまると引け目を感じてしまう人も多いかもしれません。しかし例え新入社員と言え、産休は従業員の権利であり何も悪いことではありません。とは言え、やはり産休を取得する際には周囲への配慮なども必要で、新入社員だからこそ注意しておきたいことがあるのも事実です。ここでは注意点を4つのポイントに分けてお話したいと思います。

1:産休の期間などについて知っておくこと

まずは産休として取得できる期間について知っておくことが大切です。産休は出産予定日前の6週間の期間となりますが、一口に産休と言っても産前、産後に分かれます。出産前の期間を産前休業とも言い、産後を産後休業と言います。産後仕事へ復帰するには、産後6週間経過してからとなっていることを知っておきましょう。

2:周囲の反応は良く無いものだと理解しておく

新入社員が産休を取ることを、あまり良く思わない人もいるかもしれません。社会人としてまだ一人前に仕事が出来ない新入社員のうちは、ネガティブな反応を見せる人がいることも多く、こうしたことはどこの会社でもよくあることだと言えます。周囲の反応はそもそもそんなものであることを理解して、ネガティブな反応に対して必要以上に神経質にならないようにしましょう。

3:会社とは十分に話し合うこと

産休を取ること自体は従業員としての当然の権利ではあるものの、休むことによって自分が担当している仕事に支障がでることも理解しておきましょう。いつから休むか、いつから復帰するかなどのタイミングなどについては十分に会社と話し合うことが大切です。引き継ぎなどを含め、極力周囲に迷惑をかけないようにすることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
  2. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  3. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  4. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  5. 社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえてお…
  6. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
ページ上部へ戻る