課長補佐や課長代理の役割とは

会社などで課長補佐であったり、課長代理であったりと肩書の後に「補佐」や「代理」という言葉がつくことがあります。普通の課長や係長をいったい何が違うのか、良くわからない方も多いかもしれません。ではこの「補佐」と「代理」はいったいどんな違いがあって、どんな仕事をしているのでしょうか。今回はその違いについて調べてみました。

「補佐」とはどのような役割か

課長補佐などに代表される「補佐」の役所の役割としては、その課長であったり、係長であったりを補佐する立場にある人物を指します。そのため、課長の役割すべてを担うわけではなく、仕事の一部、たとえば書類の審査などを忙しい課長に代わって行うことができます。また、課長と部下の間をつなぐ中間管理職のような立場であることもあるため、板挟みで苦労するといわれることもあるようです。

「代理」とはどのような役割か

では「代理」とはどのような役割にあり、どのような権限を持つのでしょうか。一般的に「代理」は課長や係長と同じ権限を持ち、役割も似ていることが多いです。そのため、課長などが不在の時に代わりに様々な処理をしたり、決定を下したりする重要なポストでもあります。そのため、一般的には「補佐」より「代理」の方が強い権限を持っていることが多いです。また、会社によっては課長や係長のポストが一つしかないため、昇進のためにこういったポストを作るというところもあるようです。そのため、「代理」であっても仕事内容が全く違っていることもあるため、肩書だけで判断することは注意が必要でしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  2. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…
  3. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  2. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  3. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  4. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  5. 「日本のサラリーマンは、働きアリのように、本当によく働く」 日本人に対する、海外のそんなイメージを…
  6. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
ページ上部へ戻る