課長補佐や課長代理の役割とは

会社などで課長補佐であったり、課長代理であったりと肩書の後に「補佐」や「代理」という言葉がつくことがあります。普通の課長や係長をいったい何が違うのか、良くわからない方も多いかもしれません。ではこの「補佐」と「代理」はいったいどんな違いがあって、どんな仕事をしているのでしょうか。今回はその違いについて調べてみました。

「補佐」とはどのような役割か

課長補佐などに代表される「補佐」の役所の役割としては、その課長であったり、係長であったりを補佐する立場にある人物を指します。そのため、課長の役割すべてを担うわけではなく、仕事の一部、たとえば書類の審査などを忙しい課長に代わって行うことができます。また、課長と部下の間をつなぐ中間管理職のような立場であることもあるため、板挟みで苦労するといわれることもあるようです。

「代理」とはどのような役割か

では「代理」とはどのような役割にあり、どのような権限を持つのでしょうか。一般的に「代理」は課長や係長と同じ権限を持ち、役割も似ていることが多いです。そのため、課長などが不在の時に代わりに様々な処理をしたり、決定を下したりする重要なポストでもあります。そのため、一般的には「補佐」より「代理」の方が強い権限を持っていることが多いです。また、会社によっては課長や係長のポストが一つしかないため、昇進のためにこういったポストを作るというところもあるようです。そのため、「代理」であっても仕事内容が全く違っていることもあるため、肩書だけで判断することは注意が必要でしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…
  2. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  3. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  2. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  3. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
  4. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  5. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  6. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
ページ上部へ戻る