課長補佐や課長代理の役割とは

会社などで課長補佐であったり、課長代理であったりと肩書の後に「補佐」や「代理」という言葉がつくことがあります。普通の課長や係長をいったい何が違うのか、良くわからない方も多いかもしれません。ではこの「補佐」と「代理」はいったいどんな違いがあって、どんな仕事をしているのでしょうか。今回はその違いについて調べてみました。

「補佐」とはどのような役割か

課長補佐などに代表される「補佐」の役所の役割としては、その課長であったり、係長であったりを補佐する立場にある人物を指します。そのため、課長の役割すべてを担うわけではなく、仕事の一部、たとえば書類の審査などを忙しい課長に代わって行うことができます。また、課長と部下の間をつなぐ中間管理職のような立場であることもあるため、板挟みで苦労するといわれることもあるようです。

「代理」とはどのような役割か

では「代理」とはどのような役割にあり、どのような権限を持つのでしょうか。一般的に「代理」は課長や係長と同じ権限を持ち、役割も似ていることが多いです。そのため、課長などが不在の時に代わりに様々な処理をしたり、決定を下したりする重要なポストでもあります。そのため、一般的には「補佐」より「代理」の方が強い権限を持っていることが多いです。また、会社によっては課長や係長のポストが一つしかないため、昇進のためにこういったポストを作るというところもあるようです。そのため、「代理」であっても仕事内容が全く違っていることもあるため、肩書だけで判断することは注意が必要でしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…
  2. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  3. ブラック上司へのパワハラ対策4選

    ブラック上司へのパワハラ対策4選

    一日の多くの時間を過ごす職場、そして生活の糧でもある職場でパワハラを受けてしまうほど辛いことはありま…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  4. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  5. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  6. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
ページ上部へ戻る