課長職になったら必要な7つのスキル・能力

課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たすためには、個人単位で仕事をしていたときとは違う、別のスキルが要求されます。そのため、課長になってから苦労する人はとても多いです。

例えば、仕事を教えても部下の成績がイマイチでぱっとしない、部下の仕事に対するモチベーションが上がらない、何度言っても指示を守らないなど、課長となり部下を管理する立場になると、これまで経験していないような問題がたくさん起こります。今回は、課長や管理職として必要な7つのスキルを解説していきます。

①意思決定力

課長は課全体のことを任されているため、課の中で起こることについては、課長自身が決断しなければなりません。課として何を目指すのか、誰にどのような仕事を割り振るのか、問題が発生した時にどう対応するかなど、課長としての決断を下さなければならないことが多く存在します。

しかし、決断するというのは悩ましいものです。決断することにより、プラスの面もマイナスの面も生じるからです。ですが迷っているだけでは前に進まないので、プラスの面もマイナスの面も総合的に判断し、先々の展開も見据えたうえで、最善だと思える道を、必要以上に時間をかけることなく決断する能力が求められます。

②リーダーシップ

決断した後は、部下をまとめ上げなければなりません。課の仕事は、課長一人でやるものではないからです。部下にもそれぞれ考え方があるので、課長が決断したことに、全員が納得して首を縦に振るとは限りません。納得していない人に頭ごなしに「やれ!」と言っても、やる気を失わせるだけです。

そのようなことのないように、課長は、決断したことを前に進めるにあたって、部下に十分な説明をしたうえで、部下の気持ちを鼓舞し、自ら先頭に立って動きながら部下を引っ張っていくことが求められます。

このとき、課長の言うことに耳を貸さない部下がいたら、どうしたらよいのでしょうか。そのときは、毅然とした態度で接する必要があります。決して、迎合してはいけません。下手に妥協することなく、しかし部下の気持ちを一つにまとめながら、足並みを揃えて行動できるように持っていくことが、課長に求められたリーダーシップなのです。

③部下指導力

部下は、課長の指示に従い、仕事をします。指示に従うということは、何を、いつまでに、どのように仕上げるということを、一応は理解したという状態です。しかし、人によって、仕事のやり方が異なります。指示に対する理解度も異なるでしょう。そのことが原因で、仕事の進行スピードや結果に開きが生じます。そのことが課長の求めたものとは異なる場合、課長はいち早く指摘した上で、正確に理解するように再度説明し、求める結果に行き着くように仕事のやり方をアドバイスする必要があります。

そのために、部下の言動に目を光らせながら、的確に働きかける能力が、課長には求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. JTが電気タバコ「プルーム・テック」を発売!アイコスを追随

    電気タバコ「プルーム・テック」をJTが全国発売!アイコス追随なるか

    日本たばこ産業(JT)は2017年から電気たばこ「プルーム・テック」の販売を全国で開始することが発表…
  3. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  2. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  3. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  4. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
ページ上部へ戻る