課長と係長の役割の違い

どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見られるようになりましたが、通常は、主任、係長、課長、(次長)、部長という順番での肩書が、一般的ではないでしょうか。当然、肩書に応じた役割というものも存在します。その中でも、課長と係長との間には、実はものすごく大きな役割の違いがあります。

それぞれの肩書に求められる役割を見ていきながら、課長と係長の役割の違いが何なのかを見ていくことにしましょう。

課長の役割とは

課長

一般的に、次のような、肩書に応じた役割が存在します。

肩書 役割
主任 担当業務に関して、細かい指示や指導を受けることなく、自己完結させる
係長 担当業務を自己完結させることに加えて、現場の監督業務も行う
課長 課という組織における管理業務を行う
次長 必要に応じて、部長と課長の間に立ち、部長業務を補佐する
部長 部という組織における管理業務を行う

上記の中で、まずは課長の役割である「組織における管理業務」とは具体的にどのようなことでしょうか。そのことを明らかにするために「組織とはどのような存在なのか」を考えてみましょう。

まず、組織には複数の人が所属しており、その組織内で共通の目的を達成するために、それぞれが役割をもって仕事をしています。しかし、所属する人たちがバラバラに動いていたのでは、組織としての役割を果たすことができません。できたとしても、著しく効率が悪くなり、会社全体の中で足を引っ張ってしまいます。

そのような状況にならないように課長が管理業務を担当し、人の配置や業務の進め方を考え、物事がうまく進めるような状況作りに励み、物事がうまく進むように目を光らせる役割を担います。

課長に「なれる人」と「なれない人」の決定的な違いとは

【野心家に朗報】「出世したくない人」の数が「出世したい人」を上回った!その理由とは?

係長の役割とは

それでは、係長の「組織における監督業務」とは、どのような役割なのでしょうか。

監督業務とは、組織の中で、後輩や経験の浅い人たちに対して、仕事を効率的に進め、あるいは能力を高めるための指導を行い、現場を盛り上げながら引っ張っていくことをいいます。経験が豊富で仕事の手本を示せる人が先頭に立ち、周囲に目を配らせることで、後輩や経験の浅い人たちも成長していき、仕事が効率よく回るようになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  2. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  3. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  2. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  3. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  4. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  5. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
  6. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
ページ上部へ戻る