課長と係長の役割の違い

どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見られるようになりましたが、通常は、主任、係長、課長、(次長)、部長という順番での肩書が、一般的ではないでしょうか。当然、肩書に応じた役割というものも存在します。その中でも、課長と係長との間には、実はものすごく大きな役割の違いがあります。

それぞれの肩書に求められる役割を見ていきながら、課長と係長の役割の違いが何なのかを見ていくことにしましょう。

課長の役割とは

課長

一般的に、次のような、肩書に応じた役割が存在します。

肩書 役割
主任 担当業務に関して、細かい指示や指導を受けることなく、自己完結させる
係長 担当業務を自己完結させることに加えて、現場の監督業務も行う
課長 課という組織における管理業務を行う
次長 必要に応じて、部長と課長の間に立ち、部長業務を補佐する
部長 部という組織における管理業務を行う

上記の中で、まずは課長の役割である「組織における管理業務」とは具体的にどのようなことでしょうか。そのことを明らかにするために「組織とはどのような存在なのか」を考えてみましょう。

まず、組織には複数の人が所属しており、その組織内で共通の目的を達成するために、それぞれが役割をもって仕事をしています。しかし、所属する人たちがバラバラに動いていたのでは、組織としての役割を果たすことができません。できたとしても、著しく効率が悪くなり、会社全体の中で足を引っ張ってしまいます。

そのような状況にならないように課長が管理業務を担当し、人の配置や業務の進め方を考え、物事がうまく進めるような状況作りに励み、物事がうまく進むように目を光らせる役割を担います。

課長に「なれる人」と「なれない人」の決定的な違いとは

【野心家に朗報】「出世したくない人」の数が「出世したい人」を上回った!その理由とは?

係長の役割とは

それでは、係長の「組織における監督業務」とは、どのような役割なのでしょうか。

監督業務とは、組織の中で、後輩や経験の浅い人たちに対して、仕事を効率的に進め、あるいは能力を高めるための指導を行い、現場を盛り上げながら引っ張っていくことをいいます。経験が豊富で仕事の手本を示せる人が先頭に立ち、周囲に目を配らせることで、後輩や経験の浅い人たちも成長していき、仕事が効率よく回るようになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  2. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  3. 自分の糧にできる嫌いな上司との付き合い方7選

    仕事をしていると、職場内で嫌いな人や苦手な人が1人や2人はいるものです。そして、そんな嫌いな人に限っ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  2. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  3. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
  4. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  5. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  6. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
ページ上部へ戻る