課長になれる人となれない人の違いとは

まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下を持ち、管理者である課長に昇格するとなると、誰でもなれるわけではありません。課長職はどの会社でも、ヒトの上に立つのに相応しい選ばれた人間がその座につきます。

では課長になれる人となれない人との間には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。今回は5つの項目別に、その違いを解説していきます。

器が小さい上司に共通する特徴4つ

「課長になれる人」と「なれない人」の違いとは

課長になれる人となれない人の違いを、5つの項目別に分けた以下の表を見てください。

項目 課長になれる人 課長になれない人
対人能力 人望 上からも同僚からも下からも、それなりの人望がある 他人からの人望に偏りがある
意思疎通 自ら人間関係の幅を広げていきながらコミュニケーションを取りに行っている 狭い人間関係の中で行動し続けている
仕事 計画管理 結果を出すための計画を自ら作り、必要に応じて内容を見直しながら仕事をしている 計画を持たずに仕事を進めている、あるいは計画を作っても見直すことはない
プロセス 仕事を進めながら、問題点を見つけ、改善を加えている 漠然と仕事を進めている
成果 目先の成果だけではなく、将来につながる成果も追い求めている 目先の成果だけに注力している

課長になれる人は上記5つの項目を全て満たしている訳ではありません。得意な分野がある一方で、苦手な分野ももちろんあると思います。ですが総合的に見ると、課長になれる人に該当する内容のほうが、課長になれない人に当てはまる内容よりも、その人の特徴が表れているといえるでしょう。

次に、それぞれの項目別に具体的に解説していきます。

課長職になったら必要な7つのスキル・能力とは

人望面から見た「課長になれる人」と「なれない人」の違い

人望

課長になると、人を使い、周囲と交渉する機会も増えるため、人望の有無は重要な要素です。課長になれる人は上司から信頼され、同僚や後輩からも慕われる人間が多いです。だからこそ、会社も部下を持たせ、利害の反する人たちとの交渉を任せてもよいと判断するのです。

反面、課長になれない人は、課長になれる人と比べて人望が低い傾向があります。協調性がないために同僚たちとの距離ができてしまう、上にはいい顔をするが下には横柄で後輩から嫌われているというタイプの人に課長職を任せるという判断をすることは難しいでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  2. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  3. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  4. あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスで…
  5. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  6. 転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります…
ページ上部へ戻る