【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

実は、部下がリーダーであるあなたに関心を持っていることは、「あなたがそのポジションにいる間に何を成し遂げたいか」ということです。あなたの部下は「あなたが目標に挑戦する中で、自分自身がどのように成長できるか」に興味を持っています。部下は、自分の未来がこの先どうなるのか、不安でいっぱいです。リーダーのこれからの挑戦に、自分を託せるものかどうか、判断したいのです。 リーダーのあなたは、今のポジションでどのような未来予想図を描いていますか。少し、確認してみましょう。次の質問に答えてみて下さい。

質問:「あなたがそのポジションにいる間に成し遂げたいことは何ですか?」

質問に今すぐ答えられなくても大丈夫なので、じっくり考えてみてください。もしあなたの目標が、日々の数字目標を達成することに注力されていたなら危険です。部下は毎日の数字のプレッシャーに押しつぶされ、顔色はどんどん悪くなっていき、最悪の場合、離脱してしまうでしょう。大事なのは、あなたが挑戦したい明確な目標を設定し、部下にその内容を公言して部下を巻き込み、そのプロセスで部下を成長させるということです。

目標設定の基準

それではどんな目標を設定するべきなのでしょうか。イメージしにくい人も多いと思いますが、「イノベーションを起こす」とか「1年以内に業界一位までシェアを拡大する」というような、とてつもなく大きな目標である必要はありません。あなたが今の業務に取り組む中でこだわっていることや、商品を販売する顧客にどんな価値を提供したいか、ということで十分です。なぜなら、その目標にはあなたの「熱意ある意思」が込められているからです。

部下は、リーダーの成し遂げたいその目標の中で成長していきたいと感じています。熱意があれば、部下が目標を達成したときに精一杯褒めて、未達成の場合はどうすれば次はうまくいくのか、とことん一緒に考えるのではないでしょうか?あなたが本気になれば、その意思は部下にも伝わります。

リーダーに資質や経験は必要ない

何度も言いますが、あなたの輝かしい過去の実績に部下はあまり興味がありません。それよりもリーダーであるあなたが、未来への道しるべをしっかり伝えて理解してもらい、その過程で、部下に仕事を託しながら切磋琢磨することが重要です。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  2. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  3. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  2. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  3. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  4. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  5. 朝早く起きることができず、ギリギリセーフのタイミングで職場に駆け込むことは誰でも一度や二度は経験があ…
  6. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
ページ上部へ戻る