マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろうか」

管理職を経験したことのある人は、部下が自分の指示や考えに従って行動してくれないことに対してこのような不満を持ったことがあるのではないでしょうか。部下を育成する上で管理職やマネジャーであれば誰しもが通る道なのです。しかし部下に対してマネジメントやリーダーシップを発揮して適切な指導ができるかどうかで、上司の評価が決まります。今回は、マネジメントを経験したことがある人に、部下と接する上で注意したいことをご説明していきます。ダメな上司の烙印を押される前に是非とも参考にしてくださいね。

仕事ができない部下は上司の能力不足が原因

仕事ができない部下は上司の能力不足が原因

あなたの直属の部下で、仕事ができないと思う人を1人だけ頭に思い浮かべて下さい。仕事ができないその部下は、あなたの指示した仕事内容をこなすことができないばかりか、報連相もろくにしてこないかもしれません。また何度注意しても些細なミスを連発してしまっているのかもしれません。

さて、あなたは周りのメンバーや上司に対して、その部下のことをどのように話していますか。以下のような愚痴や不満、悪口を言ってはいませんか。

「あいつは何度注意しても言う事を聞かない」 「この仕事に向いていない」 「いつまでたってもミスが治らない」 「やる気が全然ない」

もしも上記のように、仕事ができない部下の「能力」や「モチベーション」について愚痴を言っているのであればキケンです。あなたの話を聞いた周囲の人は以下のように思っています。

「言う事を聞かないのは、あなたを信用していないからでは?」 「部下の長所を活かせていないのは、あなたのせいではないのか?」 「やる気を出させるのもマネジャーの仕事でしょ?」

つまり、これらの愚痴は全てリーダーの能力によるものと見なされます。別の言い方をすれば、部下の能力を嘆くということは、自分の能力不足を言い訳にしていることに他ならないということなのです。できる上司は、部下を自分の右腕に育てたり、自分の分身に育成したりするために、部下のモチベーションを高めて最大限の能力が発揮できる環境を整えることができます。

今は部下が上司を選ぶ時代

今は部下が上司を選ぶ時代

昔と違い、今は部下が上司や管理職の生殺与奪権を握っている時代です。自分の能力不足を言い訳にして部下の泣き言を言っている内は、部下の信頼を得る事ができず、「あの人の下では仕事はできない」という声が、あなたの上司の耳に入ることになり、リーダーの任を解かれる可能性もあります。

リーダーというのは「身分」ではなく「役割」です。「上司だから偉い」と考え、身分を偉ぶるのは大きな間違いです。もしもあなたがプレイングマネジャー(管理職)であれば、自分に与えられた売上目標を達成しながら、部下を育成する「役割が課せられている」ということなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  2. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  3. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  2. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  3. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  4. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  5. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  6. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
ページ上部へ戻る