マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろうか」

管理職を経験したことのある人は、部下が自分の指示や考えに従って行動してくれないことに対してこのような不満を持ったことがあるのではないでしょうか。部下を育成する上で管理職やマネジャーであれば誰しもが通る道なのです。しかし部下に対してマネジメントやリーダーシップを発揮して適切な指導ができるかどうかで、上司の評価が決まります。今回は、マネジメントを経験したことがある人に、部下と接する上で注意したいことをご説明していきます。ダメな上司の烙印を押される前に是非とも参考にしてくださいね。

仕事ができない部下は上司の能力不足が原因

仕事ができない部下は上司の能力不足が原因

あなたの直属の部下で、仕事ができないと思う人を1人だけ頭に思い浮かべて下さい。仕事ができないその部下は、あなたの指示した仕事内容をこなすことができないばかりか、報連相もろくにしてこないかもしれません。また何度注意しても些細なミスを連発してしまっているのかもしれません。

さて、あなたは周りのメンバーや上司に対して、その部下のことをどのように話していますか。以下のような愚痴や不満、悪口を言ってはいませんか。

「あいつは何度注意しても言う事を聞かない」 「この仕事に向いていない」 「いつまでたってもミスが治らない」 「やる気が全然ない」

もしも上記のように、仕事ができない部下の「能力」や「モチベーション」について愚痴を言っているのであればキケンです。あなたの話を聞いた周囲の人は以下のように思っています。

「言う事を聞かないのは、あなたを信用していないからでは?」 「部下の長所を活かせていないのは、あなたのせいではないのか?」 「やる気を出させるのもマネジャーの仕事でしょ?」

つまり、これらの愚痴は全てリーダーの能力によるものと見なされます。別の言い方をすれば、部下の能力を嘆くということは、自分の能力不足を言い訳にしていることに他ならないということなのです。できる上司は、部下を自分の右腕に育てたり、自分の分身に育成したりするために、部下のモチベーションを高めて最大限の能力が発揮できる環境を整えることができます。

今は部下が上司を選ぶ時代

今は部下が上司を選ぶ時代

昔と違い、今は部下が上司や管理職の生殺与奪権を握っている時代です。自分の能力不足を言い訳にして部下の泣き言を言っている内は、部下の信頼を得る事ができず、「あの人の下では仕事はできない」という声が、あなたの上司の耳に入ることになり、リーダーの任を解かれる可能性もあります。

リーダーというのは「身分」ではなく「役割」です。「上司だから偉い」と考え、身分を偉ぶるのは大きな間違いです。もしもあなたがプレイングマネジャー(管理職)であれば、自分に与えられた売上目標を達成しながら、部下を育成する「役割が課せられている」ということなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 新卒営業マンの不安と解消方法

    新卒営業マンの不安と解消方法

    ほとんどの新卒社員にとって、人生初めての「営業」は不安でしょう。顧客や見込客に商品やサービスを紹介し…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  2. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  3. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  4. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  5. 営業を行う上で説得力を高めてくれる題材の一つが「導入事例」です。例えば「この商品を御社が利用すればこ…
  6. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
ページ上部へ戻る