【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

まず他社と比較して、「ほかの企業の雇用条件がよかった」といった内容は、仮にそれが本当のことでも書くべきではありません。あくまで自分のキャリアパスとしてやりたい仕事が見つかったので等々、読み手がある程度納得するようなことを簡潔に記載してお詫びの言葉を添えて送付するようにしましょう。例を以下に記載しておきます。

◎内定辞退のお詫びのメール

件名:貴社内定辞退のお詫び

○○株式会社
人事部 ○○ ○○様

お世話になっております。
先日、面接のお時間を頂きました○○です。

先日は内定のご連絡を頂き、誠に有り難う御座います。

今回、内定を頂いたにもかかわらず、誠に恐縮ですが、
入社を辞退させて頂きたく、ご連絡申し上げました。

貴社以外にも面接を受けており、内定を頂いたことが理由でございます。

貴社にも大変魅力を感じており、非常に迷ったのですが、
慎重に検討した結果、他社に入社することを決断致しました。

こちらの一方的な都合で大変恐縮ですが、ご理解のほど、
何卒宜しくお願い申し上げます。

今後の貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。

◎面接辞退のお詫びのメール

件名:面接辞退のお詫び

○○株式会社
人事部 ○○ ○○様

お世話になっております。
先日は面接のご連絡を頂き、誠に有り難う御座います。

大変申し上げ難いことではございますが、
今回の面接を辞退させて頂きたくご連絡をさせて頂きました。

誠に申し訳なく、心からお詫び申し上げる次第であります。
末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

また辞退するのであれば、できるだけ早く返事をするのが礼儀となることは言うまでもありません。一般的なケースでは採用通知をもらったら、1週間以内に辞退を含め、返答をするのが引き伸ばしの限度となります。それ以上時間をかけないことが重要です。

さいごに

今回は内定辞退の断り方について解説しました。内定辞退を伝えるのは、億劫なことですが、社会人としての責任を全うするためにも、早めに辞退を伝えるようにしてくださいね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  2. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  2. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  3. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  4. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  5. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
  6. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
ページ上部へ戻る