【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思います。当然、希望の勤務先に内定をもらったら、選考が進んでいる他の会社に辞退の連絡をする必要がありますが、このとき、気を付けないといけないことがあります。

世間は広いようで、意外に狭いもの。長い人生の中で、誰と一緒に仕事をすることになるか判りませんし、面接で接点をもった担当者や面接官が取引先になったり、会社の統合や合併で上司になってしまったりといった、思わぬ事態になることさえあるのです。そのため、面接を辞退するときは、とにかく失礼の無いように誠意をもって対応していく必要があります。今回は選考の辞退をするときの断り方について解説していきます。

人材採用には想像以上のコストがかかっている

辞退をするときの断り方をご紹介する前に、面接を受ける前の心構えとして、大事なことをお伝えします。それは、企業は人材確保のために大きなコストをかけているという点です。中途採用を考える企業は、採用する人間の人件費以外にも、広告費やヘッドハンター、リクルーターといった人間への報酬を支払って、採用活動をしており、膨大な費用がかかっています。応募者にとっては「とりあえず受けてみよう」かもしれませんが、企業にとっては最良の人材を選択する手間と時間がかかっていることを決して忘れてはなりません。

あなたに対して出した採用のオファーを断った場合、企業側は新たに人を探したり、応募者の中からほかの人間を採用する手立てを考えなくてはいけなくなるので、必要以上に時間をかけてお断りすることが、もっとも失礼かつ非効率なものとなることだけは肝に銘じておく必要があります。時間をかけて慇懃無礼な詫び状を出すよりも早く結論を出すことのほうが、よほど礼を尽くしたことになるというわけです。

それでは次に、辞退をするときの断り方をご紹介していきます。

転職の辞退の方法

転職の辞退を伝えるときに最も気を使うパターンは、自分自身で直接、企業に辞退を伝えないといけないときです。企業が出している求人の告知に応募した場合、面接の日取りも、辞退についても自分で行う必要がでてきます。

少し前までは、選考や内定を辞退する場合、企業に出向いて口頭でお断りするのがひとつのルールになっていましたが、今ではメールでお断りの文書を送付することが一般的になっています。いきなり電話をかけるよりも、後で確認することもできるため、メールで送付するようにしましょう。その代わりに記載する内容についてはしっかりと失礼のないものを送付することが肝要となります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  2. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  3. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  2. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  3. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  4. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  5. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  6. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
ページ上部へ戻る