年末年始の挨拶メールのビジネスマナー

年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さらにメールでの挨拶が一般化されていくことも予想されています。そこで重要となるのが、挨拶メールにおけるビジネスマナーです。特に年末年始の挨拶はビジネス的観点でも重要な挨拶となるわけで、失礼が無いようにするためにも最低限のビジネスマナーを身に付けておくことは大事です。


まずは最低限のビジネスマナーを

メール新年の挨拶をメールで送ろう、そう考える際にまず知っておくべきなのが、やはり年末年始の挨拶は基本的に対面であることが望ましいという事です。業務連絡など日常的な連絡方法として普段メールでやりとりをしていても、やはり年末年始の挨拶において顔を合わせることなくメールだけで済ませてしまおうと考えることはビジネスマンとしてあまり褒められた考えではありません。時間や手間をかけてでも、お世話になった年の瀬の挨拶、新年の挨拶などは、相手の顔を見て行うことがビジネスマナーであることを知っておくことは大切です。

しかし、先方の都合などもありタイミングが合わない、また遠方な為挨拶に伺うのが現実的に難しい、こうしたケースもあるかもしれません。また年賀状などの代わりにメールで新年の挨拶を行うことも一般化しつつもありますが、とは言え自分の考えだけで判断することなく、やはり相手に合わせた柔軟な考え方を持つことも大切です。


年末年始の挨拶メールで気をつけること

メール注意まず気を付けたいこととして、年末年始のメールを送るタイミングがあります。タイミングには十分気をつけ、失礼の無いようにしておく必要があります。特に新年のご挨拶をメールで送る場合、あまり遅くなってしまうことは望ましくありません。年賀状は「松の内まで」と言われ、一般的には1月7日までとされています。地域性によってこのあたりの認識は違ったりすることも多くありますが、まずはこうしたタイミングなどについてしっかりと考える必要があります。

挨拶文、どのような内容にするのかについても、ケースバイケースでしっかりと考えて送る必要があります。挨拶にお伺いしたけど直接会うことが出来なかった場合などにはそうした旨を文面に沿えておくことも必要となりますし、お伺いしたいけど物理的に難しいなど場合にもそうした旨を文面で伝えることも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  2. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…
  3. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  2. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  3. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  4. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  5. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  6. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
ページ上部へ戻る