【ビジネスメール】読みたくなる件名の書き方

ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると300件から500件ものメールを毎日受け取っているといったデータがあります。こうした膨大な数のメールを日常的に受け取っていることから、送った側は一通のメールであっても受け取った側にしてみれば何十分の一、何百分の一のメールとなってしまうため、なかなかすぐには目を通せないといったことが生じます。

そのため、もし一刻も早く自分が送ったメールを読んでもらいたい場合には相手側のそうした状況を前提に対策を考えた方が得策と言えますが、今回のテーマである「相手が読みたくなる件名にする」ことが、その最も有効な対策と言って良いでしょう。それではビジネス上でやり取りするメールの件名をどう工夫すれば相手が優先的に読みたくなるか、ご紹介して参りましょう。


①件名が具体的に記載されている

例えば次のような件名のメールを受け取った場合、皆さんはどのように感じるでしょうか。

・会議の件
・A社の件

このような件名では何の会議なのか、A社の何の件に関することなのか等さっぱりわかりませんので相手は目を通すことが面倒になり、後回しにされる確率が高まります。相手に読みたいと思わせるには件名が簡潔であることも大切ですが、同時に何を伝えようとしているのか具体性があることも大切なのです。それでは先ほどの例を次のように改めてみましょう。

・10月1日実施「B商品販売戦略会議」での配布資料確認の件
・A社より提案された2案の契約額案回答のお願い

このような情報があれば、相手側はメールの件名だけで用件を掴めますので、具体性のない案件より優先的に読んでもらえる確率は大きく高まります。


②件名にできるだけ「数字」を含めること

このブログ記事でも実は数字を記事タイトルに含める場合が大変多いのですが、その理由は例で比較するとわかりやすくなります。例えば次のようなタイトルがあった場合、皆さんはAとB、どちらを読みたくなりますか。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…
  2. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  3. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  2. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  3. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  4. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
  5. 転職活動は不用意に周囲へ打ち明けることができない場合もあり孤独になりがちですが、そんな孤独な転職活動…
  6. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
ページ上部へ戻る