「お忙しいところ」の正しい使い方

「お忙しいところ」の正しい使い方

ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするためにも、マナーを守った型や形式を意識して使うべきといえます。「お忙しいところ」の正しい使い方を理解し、社会人として一人前にビジネスメールを使いこなせるようにしておきましょう。


メールで「お忙しいところ」を使用する理由

相手に調べ物や調整、打ち合わせなど、手間や時間を掛けさせる「依頼」や「要求」をするときは、相手のことを慮(おもんぱか)って「お忙しいところ」を使います。相手に負荷を掛け、時間を割いて対応してもらうことに対して申し訳なく思う気持ち、謙虚な気持ちを「お忙しいところ」で表すのです。

単なる「宜しくお願い致します」だけより、遜った、やわらかい言い回しになることも「お忙しいところ」を用いる効果の一つです。また、お礼のメールにも感謝の気持ちを強めるために使用することがあります。「お忙しいところ」よりもビジネスマナーを弁えたニュアンスを強調したければ、「ご多忙」を使用します。例えば

ご多忙中
ご多忙の折
ご多忙のところ

などの表現を用いることにより、メールを送付する相手への気遣いを伝えることもできるのです。


「お忙しいところ」を使用した時の締めくくり方

「お忙しいところ」を使用した時の締めくくり方「お忙しいところ」とセットで使われる言葉として「恐縮」「恐れ入ります」「申し訳ございません」などがあります。

いずれも、「あなたが忙しいのは知っているので、そんなあなたに頼みごとをするのは心苦しい」ということを伝える言葉です。そして、これらの言葉の最後には、接続詞で繋いで「ですが」「ますが」が続きます。例文は以下の通りです。

お忙しいところ大変恐縮ですが、宜しくお願いします
ご多忙のところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願い申し上げます

そして、メールの相手を配慮した言葉の後に、「よろしくお願いいたします」と本来の頼みごとや要求をするのが定石パターンです。また、お願い事の詳細を述べた後に「お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。」とするのも、きれいな締めくくりになります。


「お忙しいところ」のメール例文

ビジネスメールで使用されている「お忙しいところ」の例文をご紹介していきます。

◎「お忙しいところ」のフレーズ集
・お忙しいところお手数をおかけ致しますが
・お忙しいところ、恐れ入りますが
・お忙しいところ、恐縮でございますが
・ご多忙のところ、誠に申し訳ございませんが
・ご多忙の折、恐縮に存じますが
・ご多忙中とは存じますが

など、いくつかのパターンがあります。「お忙しいところ」と「ご多忙」では、お忙しいところの方が、やや口語的で柔らかい言い回し、後半に「ございます」「存じます」を入れると謙譲(けんじょう=へりくだる)のニュアンスも入るので、さらにかしこまった表現になります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  2. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…
  3. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  2. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  3. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
  4. 「好きな言葉はなんですか」という質問も、面接での定番と言って良いほどよく聞かれる質問の一つです。では…
  5. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  6. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
ページ上部へ戻る