ビジネスメールで使える文末の結び・締めの言葉の例文集

ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要になります。この部分があやふやになってしまうと、ビジネスマナー違反となりますので、正しい知識を身に着ける必要があります。

ビジネスメールにおいて、文末の言葉や締めの文言は依頼主との関係や立場の違いによって異なってきます。ですので、事前のメールを作るときにはどう言った立場で送るのかを考える必要があります。

更に、文末や締めの言葉が中途半端になってしまうとメール文章全体があやふやな感じになり、逆に悪い印象を相手に与えることになります。終わりに歯切れがないと、読んでいる人も気分が悪くなってしまいます。こうしたお互いの印象を悪くしないためにも文末、締めの言葉には注意が必要です。


ビジネスメール定番の文末の結び、締めの文言例

ビジネスメールで締めくくりの言葉を結び言葉、締めの言葉と言いますが、相手の立場によって変える必要があります。正しく言い回しができることで、ビジネスマナーが守れる人、基本的なことが身についている人と言った印象を与えることができます。

・先方から教えてほしいことがある場合の締めの結び
ご教示いただけると幸いです
ご教示頂けましたら幸甚で御座います
ご教示頂きますようお願い申し上げます
ご回答を頂ければ助かります
ご回答を頂きますようお願い申しあげます

・挨拶文で終わらせたい場合の締めの結び
どうぞ宜しくお願いします
何卒宜しくお願い申し上げます
引き続き宜しくお願い致します

上記のような締めの文言を使うことで、失礼のない文末にすることができます。更に、ビジネスメールの中で返答を待っている場合に利用できる締めの文言を紹介します。

・返答がほしい場合の締めの結び
ご返信の程お待ちしております
ご多忙のところ大変恐縮ですが、ご返答頂ければ幸いです
ご返信いただけると幸いです
ご回答をお待ちしております
お返事お待ちしております
お手数をおかけいたしますが、ご返信をしていただけたら幸いです
ご多用のところ申し訳ありませんが、ご返答お待ちしております

このように、上司や取引先の方から返信をしてほしい場合には、こう言った文言を利用するといいでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  2. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  3. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
  2. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  3. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  4. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  5. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  6. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
ページ上部へ戻る