ビジネスメールで使える文末の結び・締めの言葉の例文集

ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要になります。この部分があやふやになってしまうと、ビジネスマナー違反となりますので、正しい知識を身に着ける必要があります。

ビジネスメールにおいて、文末の言葉や締めの文言は依頼主との関係や立場の違いによって異なってきます。ですので、事前のメールを作るときにはどう言った立場で送るのかを考える必要があります。

更に、文末や締めの言葉が中途半端になってしまうとメール文章全体があやふやな感じになり、逆に悪い印象を相手に与えることになります。終わりに歯切れがないと、読んでいる人も気分が悪くなってしまいます。こうしたお互いの印象を悪くしないためにも文末、締めの言葉には注意が必要です。


ビジネスメール定番の文末の結び、締めの文言例

ビジネスメールで締めくくりの言葉を結び言葉、締めの言葉と言いますが、相手の立場によって変える必要があります。正しく言い回しができることで、ビジネスマナーが守れる人、基本的なことが身についている人と言った印象を与えることができます。

・先方から教えてほしいことがある場合の締めの結び
ご教示いただけると幸いです
ご教示頂けましたら幸甚で御座います
ご教示頂きますようお願い申し上げます
ご回答を頂ければ助かります
ご回答を頂きますようお願い申しあげます

・挨拶文で終わらせたい場合の締めの結び
どうぞ宜しくお願いします
何卒宜しくお願い申し上げます
引き続き宜しくお願い致します

上記のような締めの文言を使うことで、失礼のない文末にすることができます。更に、ビジネスメールの中で返答を待っている場合に利用できる締めの文言を紹介します。

・返答がほしい場合の締めの結び
ご返信の程お待ちしております
ご多忙のところ大変恐縮ですが、ご返答頂ければ幸いです
ご返信いただけると幸いです
ご回答をお待ちしております
お返事お待ちしております
お手数をおかけいたしますが、ご返信をしていただけたら幸いです
ご多用のところ申し訳ありませんが、ご返答お待ちしております

このように、上司や取引先の方から返信をしてほしい場合には、こう言った文言を利用するといいでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  3. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  2. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  3. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  4. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  5. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
  6. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
ページ上部へ戻る