最終面接後に送るお礼メールで好印象を与える方法

最終面接が終われば後は合否を待つだけとなるわけですが、このタイミングでもまだやれることはあります。それは面接後の「お礼メール」です。もちろんこのお礼メールで合否が左右されるかどうかは分かりませんが、面接官も同じ人間である以上、例えば熱意のこもったお礼メールが届くと心が動くこともあるかもしれません。そこでここでは最終面接後のお礼メールについてお話したいと思います。どんなものだと好印象を与えることが出来るのかをテーマにお話していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


採用の決め手となるわけではないものを送るべき

お礼メールを送ったから採用された、と合否を大きく左右するものではないものの、やはり送っておいた方がいいのは言うまでもありません。面接後にお礼のメールを送ることは社会人としてのマナーとも言えますが、それでもやはり全員が全員送るわけではないこともあり、面接と言う場を設け時間をとってくれたことへのお礼を述べることで、時に良い印象を与えることに繋がる事もあります。採用の決め手となるわけではないけれども、最終面接後にはやはりお礼の気持ちを添えたメールを送っておくべきだということをまずはしっかりと理解しておきましょう。


送る=好印象には繋がらない

お礼メールを送る=好印象には繋がらないお礼メールを送ることが、それだけで好印象に繋がるわけではない、ということも知っておきましょう。やはり同じようにお礼メールを送るライバルは他にもいるはずです。ありきたりで差しさわりのないお礼メールでは、そうした多くのメールの1つとして埋もれてしまうことになり、好印象どころか印象にすら残らないことになります。印象に残るようなお礼メールにするためにはどんな内容がいいのか、ここでいくつかのポイントをご紹介いたします。

1:礼儀正しさに気をつける

好印象を抱くポイントは面接官によって違うかもしれませんが、お礼メールも選考の一環として面接官が見ることを考えれば、礼儀正しいメールであることは必須だと言えます。まずは面接に対するお礼を述べることから始めながら、メールだからとおざなりな挨拶にならないように丁寧に書くことを意識しましょう。

2:面接で感じたこと、得られたことを述べる

面接を受けたことで、どんなことを得たのか、どんなことを感じたのかをお礼メールでもしっかりと伝えることを意識しましょう。面接官も採用の場において、会社としての考えだけでなく自分なりの想いや考えを話す機会は多いと思います。そうした言葉に対して、自分はどう感じたのか、どう受け止めたのかを伝えるようにしましょう。自分の言葉が届いたことが伝わることは面接側にとっても嬉しいはずです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  2. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  3. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  2. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  3. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
  4. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  5. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  6. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
ページ上部へ戻る