最終面接後に送るお礼メールで好印象を与える方法

最終面接が終われば後は合否を待つだけとなるわけですが、このタイミングでもまだやれることはあります。それは面接後の「お礼メール」です。もちろんこのお礼メールで合否が左右されるかどうかは分かりませんが、面接官も同じ人間である以上、例えば熱意のこもったお礼メールが届くと心が動くこともあるかもしれません。そこでここでは最終面接後のお礼メールについてお話したいと思います。どんなものだと好印象を与えることが出来るのかをテーマにお話していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


採用の決め手となるわけではないものを送るべき

お礼メールを送ったから採用された、と合否を大きく左右するものではないものの、やはり送っておいた方がいいのは言うまでもありません。面接後にお礼のメールを送ることは社会人としてのマナーとも言えますが、それでもやはり全員が全員送るわけではないこともあり、面接と言う場を設け時間をとってくれたことへのお礼を述べることで、時に良い印象を与えることに繋がる事もあります。採用の決め手となるわけではないけれども、最終面接後にはやはりお礼の気持ちを添えたメールを送っておくべきだということをまずはしっかりと理解しておきましょう。


送る=好印象には繋がらない

お礼メールを送る=好印象には繋がらないお礼メールを送ることが、それだけで好印象に繋がるわけではない、ということも知っておきましょう。やはり同じようにお礼メールを送るライバルは他にもいるはずです。ありきたりで差しさわりのないお礼メールでは、そうした多くのメールの1つとして埋もれてしまうことになり、好印象どころか印象にすら残らないことになります。印象に残るようなお礼メールにするためにはどんな内容がいいのか、ここでいくつかのポイントをご紹介いたします。

1:礼儀正しさに気をつける

好印象を抱くポイントは面接官によって違うかもしれませんが、お礼メールも選考の一環として面接官が見ることを考えれば、礼儀正しいメールであることは必須だと言えます。まずは面接に対するお礼を述べることから始めながら、メールだからとおざなりな挨拶にならないように丁寧に書くことを意識しましょう。

2:面接で感じたこと、得られたことを述べる

面接を受けたことで、どんなことを得たのか、どんなことを感じたのかをお礼メールでもしっかりと伝えることを意識しましょう。面接官も採用の場において、会社としての考えだけでなく自分なりの想いや考えを話す機会は多いと思います。そうした言葉に対して、自分はどう感じたのか、どう受け止めたのかを伝えるようにしましょう。自分の言葉が届いたことが伝わることは面接側にとっても嬉しいはずです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  2. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  3. 一次面接と二次面接の違い・特徴

    就職試験において行われる面接は皆さんもご存知のとおり、一次面接、二次面接があります。その次は最終面接…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
  2. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
  3. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  4. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 課長は個人の仕事だけでなく、「課」に求められている結果を実現する役割を負っています。その役割を果たす…
ページ上部へ戻る