上司との昼食ランチマナー6選

同時に食事が運ばれてきたら、上司の食べるペースに合わせて食事をすることが大切です。自分だけ先に食べ終わって、相手を焦らせるようなことをしてはいけません。

4.上司の話の聞き上手になろう

上司というのは、自分の話をしたがるものです。過去の苦労話や成功体験・武勇伝、プライベートでの出来事など、上司が気持ちよく話せる話題を選んで質問することを心がけましょう。上司にお子さんがいるなら、子育てについて質問してみるのも良いでしょう。家族の話を交えると、上司との距離が非常に近くなっているものです。相槌で共感している姿勢を示しながら、話題を深掘りしていくことが大切です。

ただし、ひとつ注意点があります。仕事の話題によっては、説教をされる可能性があるため、自ら地雷を踏んでしまうことのないよう、仕事の話をする際は気をつけましょう。ぜひ聞き上手になって、楽しく有意義なランチタイムを過ごしてくださいね。

5.上司とのランチは、相談をする絶好の機会

仕事で挑戦してみたいことや相談したいことがあるのであれば、上司とのランチはまさにうってつけ。「今取り組んでいる業務で悩んでおり、進め方を◯◯に変えようと思っているのですが、どう思われますか?」などと相談と提案をセットにして伝えることによって、上司の意見を引き出すことができます。

会議の場で提案するときと比べて、食事中は精神的にリラックスした状態になるため、話をフラットに聞くことができます。上手に相談すれば、「やってみよう」と承諾してくれる可能性が高いといえます。

6.食事のお礼は2回伝える

上司と食事に行くと、気前よくおごってもらえる時があります。食事が終わって席を立つとき、上司が伝票を持ったら、奢ってくれるサインかも。但し、奢ってくれる場合でも、レジでお会計をするときは財布からお金を出す準備をしておき、支払う姿勢を見せるのもマナーです。

上司から「今日はいいよ」と言われたらその場で「ありがとうございます」または「すいません。ごちそうになります」とはっきり伝えましょう。そして、上司が会計している間に店外に出ておき、上司が出てくるタイミングでドアを開けて出迎え、改めてお礼を伝えるのがマナーです。

ランチマナーを守る部下は上司の評価も上がる

今回は上司とランチするときに心がけておくべきマナーをご紹介しました。テーブルマナーはもちろん、上司との会話など気をつけるポイントがたくさんあるので、初めは上手くいかず、ぎこちなくなってしまうかもしれません。

ですがこれらのマナーをさりげなくできるようになれば、もう一人前です。社会人として必要なマナーなので、どのポイントもしっかり押さえて、ランチタイムを有意義にしてくださいね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司に送るお礼メールの書き方【例文集】

    仕事で円滑なコミュニケーションを図るためには、上司と密に連携を取ることは必須といえます。そのなかで電…
  2. 営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業マンにはそれぞれ強みや長所があり、その力を発揮することによって、お客様との関係性を構築したり、契…
  3. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  2. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  3. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  4. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  5. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  6. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
ページ上部へ戻る