【衝撃の新事実】仕事中に音楽を聞くと悪影響!?

あなたは仕事中に音楽を聞きながら作業をしていますか? 自分の好きな音楽を聞くと気持ちがリラックスできますし、ヘッドホンで聞くと自分の世界に入り込むことができるので、集中力が高まって仕事の効率が上がるという意見もあります。実際、音楽を聞きながら仕事することを認めている会社も多くあります。ですが、イギリスのウェールズ大学で発表された調査結果では、仕事中に音楽を聞くことがクリエイティビティ(創造性)に支障をきたすという結果が発表されました。ただし「音楽を聞きながら仕事をすると非効率」ということではなく、業務内容や脳の使用領域によってその効果は異なるので、今回は音楽と仕事内容の関係について解説していきますね。

仕事に効果的な音楽の種類 

音楽種類

音楽にはさまざまなジャンルがあり、メロディやリズムの種類も豊富で、そこに英語や日本語などの歌詞が入っている曲もあります。それらの情報が脳に入ってくることは、右脳の情報伝達プロセスに余計な情報が入ることを意味します。つまり、「考える」という行為の中に、音楽の余計な情報が入ってしまい、考える行為の邪魔になってしまうのです。仕事の業務内容が、創造性を必要とするのであれば、メロディアスな音楽は控えたほうが良さそうです。

反対に、考えることをあまり必要としない作業やルーティンワークに対する効果は期待できそうです。音楽を聞くことで集中力を高めて、良いリズムを生み出しプラスに働くでしょう。それでは具体的に、どんな業務がなんの音楽と相性がいいのか、4つの種類を見ていきましょう。

①ルーティンワークとアップテンポな音楽

若干の認知能力(理解・判断・論理)が必要な程度の、作業に近いルーティンワークを取り組む場合は、アップテンポな音楽を聞くと、集中力が高まりやる気が出るでしょう。また、注意力も向上するため、ケアレスミスは抑えられる傾向にあります。

②クリエイティブワークと単調な音楽

クリエイティブワークは、高度な認知能力や新しいモノを生み出す創造性が求められます。クリエイティブワークに効果的な音楽は、単調な曲や音が効果的です。例えばBGMなどの音楽や、アンビエント音楽が向いているでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  2. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  3. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  2. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  3. 面接時に荷物になってくるものと言えば自分の鞄の他、冬場ならコートなどがあげられます。鞄やコートを面接…
  4. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  5. 営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  6. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
ページ上部へ戻る