転職時の面接で営業成績の嘘をつくとバレる!?

転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりしたくなる気持ち、実は多くのに当てはまることかもしれません。特に営業マンなどであれば営業成績などは転職活動の合否を左右する1つの指標となるため、実際よりも良い成績を伝えてしまう、いわゆる「嘘」の申告をしてしまうケースもあるかもしれません。「少しぐらいなら」「どうせばれないだろうし」などを軽く考えてしまうことが、時に取り返しのつかないことに発展することがあることを理解しておく必要があります。


「リスクが高い」ことを十分に理解する

面接で嘘営業成績についての嘘がバレるか・バレないかについてはケースバイケースだと言え、例えば前職の会社に問い合わせしない限りバレることはないだろう、などと考えていても、たまたまその会社に担当者の知り合いがいたりしてそこからの繋がりでバレた…など、やはり可能性はゼロではありません。

まずはそのリスクについて十分に理解しておくことが大切です。はずみでついてしまった嘘が原因となり、中には大きな問題へと発展するケースもあります。はずみで、つい、そのような軽率な行動が後になって後悔する事態へと発展してしまう可能性があることを十分に理解しておきましょう。


嘘がばれるケース

嘘転職先が前職と同業の場合、人事部同士でつながりがあるケースは少なくありません。通常、そのような場合でも個人情報にあたるため、転職者の情報を漏らすことはありませんが、前職で職場の人に転職先を伝えていた場合、会話の流れであなたのことが話題になることも。

また前職ではあまり営業成績が振るわなかったのに、面接で良く見せるために成績をごまかしてしまうと、あなたの職場での仕事の取り組み方を見ているだけで分かる人には嘘がばれてしまいます。例えば顧客との会話のやり取りや仕事に対するスタンス、PCスキル、社内での振る舞いなど、仕事ができる人とあなたの人物像に違和感が出れば、疑いが生まれます。


最悪の場合解雇などに繋がる事も

解雇入社後に経歴の詐称や、嘘などが発覚した場合、企業によっては思い処遇となり解雇などに繋がる事もあります。こうした嘘が会社に損害を与えた場合という条件が付くかもしれませんが、採用の場における人件費などのコストや時間的側面での損害を被ったと考えることが出来ることを知っておかなくてはいけません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  3. 一般事務職への就職・転職に有利な資格3選

    一般事務職への就職・転職を目指す場合、採用に有利な資格はあります。特に事務の実務経験がない方は、事務…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  2. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  3. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  4. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  5. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  6. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
ページ上部へ戻る