【マナーをわきまえた年賀状の書き方:完全版】上司・取引先に対する書き方

年賀状

お世話になった上司や取引先に対して、感謝の気持ちを込めて年賀状を送る習慣が日本にはあります。年賀状の書き方にもマナーがあり、上司に送る場合は、友人知人に送る内容とは区別する必要があります。今回は、上司に年賀状を送るときに気を付けるべきポイントをご紹介していきます。

 

◎年賀状を書く前の注意点

年賀

 年賀状はいつまでに送るべきか 

上司への年賀状は元旦(1月1日)の朝に到着するように送りましょう。
元旦に上司の手元に届けるためには、12月15日〜12月25日までにポストへ投函する必要があります。また年賀状を出してもいいのは、松の内(関東では1月7日、関西では1月15日)までです。それ以降に送る場合は、年賀状ではなく寒中見舞い(2月4日まで)を出します。年賀状の送り漏れや、出していない人から年賀状が届いた場合は、遅れたお詫びなどを書いて寒中見舞いで返事をしましょう。

 

 上司に対する年賀状はなにで書くべきか 

上司や取引先などに出す年賀状を書くときもビジネスマナー上の注意が必要です。年賀状の文字には、か細い文字よりも太く力強い文字の方が、縁起が良いとされています。そのため、以下の文具を使って書くようにしてください。

【年賀状を書くとき】
・毛筆
・万年筆
・筆ペン
・黒インクのペン

毛筆を使ったことのない人は、使い慣れたボールペンで年賀状を書きたいと考えがちですが、目上の人に送るときにボールペンで書くのはビジネスマナー上、NGとされています。相手に事務的な印象を与えてしまうことから避けておきましょう。

絶対に押さえておきたい新年挨拶で使える例文・マナーまとめ
社会人なら身につけておきたいビジネスメールの基本マナー



 

 上司に対する年賀状のデザイン 

上司や取引先に送る年賀状のデザインは、おふざけが入っているデザインはやめておきましょう。また子どもや家族などの写真入りの年賀状も避けたほうが無難です。ただし、家族ぐるみでお付き合いをしていたり、出産祝いを頂いた場合は、写真入りでも喜ばれることがあります。相手との関係性からデザインを選ぶと良いでしょう。

 

 上司に対する年賀状は手書きかプリントか 

上司に送る場合は手書きで送るのがマナーですが、最近はプリントした年賀状を送る場合も増えています。そのような場合は、ひと言手書きを添えておくのが常識です。ひと言付け加える例文は以下を参考にしてください。

【ひと言付け加える例文】
・昨年は親身なご指導をいただきありがとうございました
・本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます
・謹んで新年のお慶びを申し上げます
・謹んで新春の寿ぎを申し上げます
・明けましておめでとうございます

ひと言書くときに句読点の「、」や「。」を書かないように注意しましょう。日本では古くから手紙を書くときに句読点を使わない慣習がありました。年賀状にはこの慣習が残っており、句読点を使わないものとされています。

商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文
【朝に自信がない人必見】絶対に寝坊しない方法10選



 

◎年賀状の書き方

年賀状の書き方

 年賀状の宛名の書き方 

【上司への年賀状の書き方】

上司への年賀状

【取引先への年賀状の書き方】

取引先への年賀状

会社宛に年賀状を出す場合は役職も入れますが、自宅宛に送るなら「様」のみを書きます。上司の自宅に送る場合は、シンプルに「住所・個人名」の書き方にしましょう。会社名や役職は不要です。

 

 年賀状に添えるコメントの注意点 

上司に対する年賀状では「謹んで」や「恭しく」という文字を含んだ賀詞を入れるルールがあります。そのため、「謹賀新年(きんがしんねん)」「恭賀新年(きょうがしんねん)」の賀詞を使いましょう。よくある間違いですが、上司に送る年賀状に「賀正」「迎春」「新春」は望ましくありません。

また縁起の悪い表現である「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」の漢字は避けましょう。そして年賀状に句読点の「、」「。」は使いません。その他の注意事項も含めて以下にまとめておきますね。

【上司に対する年賀状の注意点】
賀詞:◯ ⇒ 「謹賀新年」「恭賀新年」  × ⇒ 「賀正」「迎春」「新春」
使ってはいけない表現:「去」「滅」「絶」「衰」「破」「失」「枯」「倒」「病」
前年:◯ ⇒ 「昨年」「旧年」  × ⇒ 「去年」
1月1日:◯ ⇒ 「元旦」  × ⇒ 「一月元旦」「一月一日元旦」

Page 1 of 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 失礼のないご愁傷様の正しい意味と使い方【例文付】

    失礼のないご愁傷様の正しい意味と使い方【例文付】

  2. shutterstock_245648515

    「分かりかねる」「いたしかねる」は相手に失礼!意味と正しい使い方

  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

  4. エビデンスの意味と正しい使い方

    エビデンスの意味と正しい使い方

  5. 封筒で書類を郵送するときに「行」の書き方マナー

    封筒で書類を郵送するときの書き方マナー

  6. 失念の意味と正しい使い方

    失念の意味と正しい使い方

  7. 上司との昼食ランチマナー6選

    上司との昼食ランチマナー6選

  8. 決済と決裁の意味の違い

    「決済」と「決裁」の意味の違い

  9. 55H

    二重敬語のよくある間違い一覧

最近の記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう! 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】…
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる! できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコ…
  3. 無口な人の7つの特徴 無口な人の7つの特徴
  4. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法 空気が読めない人の5つの特徴と対処法
  5. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

オススメ記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう! 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】…
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる! できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコ…
  3. 無口な人の7つの特徴 無口な人の7つの特徴

最新記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!
  3. 無口な人の7つの特徴

最近の記事

  1. 行動力のある人に共通する11の特徴 行動力のある人に共通する11の特徴
  2. 転職を成功させるためにやっておくべき自己分析の方法 転職を成功させるためにやっておくべき自己分析の方法…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない理由 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由
  4. 仕事で最高のチームワークを発揮する大切な7つのこと 仕事でチームワーク力を向上する大切な7つのこと
  5. 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部下・同僚】 「君付け」「さん付け」職場の呼び方マナー【上司・部…
  6. 自分に合う仕事を見つける4つの方法 自分に合う仕事を見つける4つの方法
  7. 職場の上司と喧嘩をしたときの謝る方法まとめ 職場の上司と喧嘩をしたときの謝る方法まとめ
  8. 口下手の人が発揮する、仕事上の6つの長所 口下手の人が発揮する、仕事上の6つの長所
  9. 自責思考の人の特徴に潜む大きな問題点 自責思考の人の特徴に潜む大きな問題点
  10. 上場企業の平均勤続年数ランキングトップ30 上場企業の平均勤続年数ランキングトップ30

最近の記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!
  3. 無口な人の7つの特徴
  4. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法
  5. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス
PAGE TOP