【管理者必見】リーダーシップとマネジメントの違い

「リーダーシップ」と「マネジメント」というこれら二語は、ビジネスの場面で頻出の言葉でありながら、それらの違いが明確に区分されることなく、しばしば混同されて使用される場合が多い言葉の代表格と言えます。

ではリーダーシップとマネジメントにはどのような意味の違いがあるのか、また何故両語は混同されたまま使用されることが多いのかといったことについて理解することは、これら両語に対する本質的な理解を深める上で大変役立ちます。そこで分かりやすい事例などを元にして、その意味の違いや混同を招く原因などについて解説致します。


リーダーシップとは

リーダーシップとマネジメントの違いを明らかにするために、一つの例を元にリーダーシップとマネジメントそれぞれの意味から確認することにしましょう。まずはリーダーシップからです。例えば、まだどこにも行く場所を決めていない集団がいたとします。その中に「山へ登ろう」と言い出した人が現れました。この点がリーダーシップを理解する上での分岐点となりますが、「山へ登ろう」と発案した人にリーダーシップがあるかどうかは、この時点では「まだわからない」と言えます。

この人は身振り手振りで熱心に山の楽しさや魅力を語り、山へ行くことを皆へ働きかけた結果、そこにいる集団全員が山へ行きたいと盛り上がり、全員で山へ登ることが決まりました。おわかり頂いたでしょうか。この段階ではじめて「山へ登ろう」と言い出した人には「リーダーシップがある」と言えることになります。

つまり、リーダーシップとはその人の熱意や人間的魅力、或いは行動力や説得力等々を通じて複数の他者の意志を一つにまとめて皆を同じ方向へと向かわすことができること、なのです。また、そうした他者の意志をまとめて一つの方向へ導くことができる力を有す人のことを「リーダーシップがある人物」と言うことが出来ます。決して「立場」だとか「肩書き」によって自動的に「リーダーシップがある人物」が生まれる訳ではないことも合わせて理解しておいて下さい。


マネジメントとは

では、再び山へ行くことになった集団の話に戻りましょう。一言で「山へ行く」と言っても、どの山へ行くか等によって装備品等は大きく異なってきます。また、登山は危険がつきものですから気象状況の確認や安全な登山ルート等を把握し、計画的に登山することが大切になってきます。

そこで、具体的な登山計画を立てて、皆に持ち物などを指示する等登山する上で必要となる事項を伝えると共に、登山当日は集団の装備品を確認したり、計画通り登山できているかをチェックしつつ予定より遅れている場合は「予定より遅れているから山の中腹まで急ごう」と指示を出す人が現れました。

もう、お分かりになったと思いますが、この人がやっていることこそ「マネジメント」です。つまり「マネジメント」とは、皆が共有した一つの目標に基づいて、そこへ辿り着くことができるようにするための具体的な策や必要な物を策定したり、その策のとおりに状況が進行しているかを管理し、改善が必要な場面が生じたら改善策を講じることなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    社外のお客様との接客や商談をするとき、あなたはマスクを着用していますか?営業マンのビジネスマナーとし…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  2. 髭というとダンディなイメージを与えられますし、きちんと整えてあるとそれだけでかっこよく見えてきます。…
  3. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  4. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  5. 多くの人やお客様に接する職業では、「自己紹介シート」というものを利用している人がいますが、これはお客…
  6. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
ページ上部へ戻る