リーダーシップが苦手なリーダーの5つの処方箋

企業の中で所属する課やチームのリーダーになることを「苦手」だと感じる人は多いかもしれません。リーダーシップを発揮するのが苦手な人にとって、リーダーと言うポジションは大変な役割だと感じることでしょう。そこで今回は、リーダーシップを発揮するために効果的な5つの処方箋についてお話していきたいと思います。

  • リーダーのポジションになったものの上手くリーダーシップを発揮できない
  • リーダーになった時にリーダーシップが発揮できるように事前に学んでおきたい

そんな方はこの5つの処方箋について知っておき、苦手意識の克服や理想的なリーダーになる方法などについて知っておきましょう。

処方箋①:リーダーシップは才能ではない

リーダーシップは生まれ持った才能だと考えている人は意外に多く、「自分には才能がないからなあ…」と半ば諦め半分な人も多いようです。まず理解しておきたいことは、リーダーシップは才能ではないということです。

リーダーになった当初からリーダーシップを発揮できる人もいますが、リーダーシップとは経験していくことで身に付けていくスキルのようなものであることを知っておくべきです。リーダーシップが上手く発揮できないとしたらそれは才能がないからではなく、単純に経験や学習不足などであることが多いのです。経験を積むこと、学習することでリーダーシップは身に付いていくものだと考え、才能などのせいだと考えない事が、リーダーシップを身に付ける為の近道となります。

処方箋②:様々なタイプのリーダーがあることを知っておく

リーダーには様々なタイプがあることを知っておきましょう。一般的にリーダーと言えば、組織やチームを言動などで引っ張っていくイメージがあると思います。そうしたイメージがあるからこそ、言動で引っ張ることの苦手意識をより感じることになります。しかしリーダーには様々なタイプあり、言動で引っ張るタイプ以外にも様々なタイプのリーダー像があることを知っておきましょう。

最近ではサーバントリーダーの必要性が広く聞かれるようにもなりましたが、例えばサーバントリーダーのような支援型のリーダーも1つのタイプとして存在します。自ら率先して前に出て行くリーダーもいれば、チームのメンバーを上手く使ってマネジメントしていくリーダーもいます。言葉や行動で自らが引っ張ることもあれば、周りを支援することもタイプの違うリーダー像として存在するのです。このようにリーダーには様々なタイプがあり、一般的なリーダー像に自分が当てはまらなくても、自分なりのリーダーシップを発揮していくことが大切だと言えます。

処方箋③: カリスマである必要はないことを理解する

様々なタイプのリーダーがあることを知ればお分かりになることかもしれませんが、リーダーはカリスマである必要はありません。リーダーと聞くと、例えばスティーブ・ジョブズや孫正義などのカリスマ性のあるリーダーを思い浮かべる人も多いと思います。

しかしながらリーダーシップを発揮する上では、カリスマ性が必ずしも必要ではないことを理解しておいて下さい。リーダーには様々なタイプがあり、自分が前に出て行くタイプでないならば、縁の下の力持ちとして、チームのメンバーや部下などを上手く使ってマネジメントしていくことも重要になるはずです。リーダーシップにカリスマ性は必ずしも必要ではなく、自分が持ち合わせていないとしてもリーダーに不向きだということではないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 空気が読めない人の5つの特徴と対処法

    人とのコミュニケーションは、人間関係を構築するための基本的な能力。相手との距離感や状況を理解して、適…
  2. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…
  3. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の印鑑に「角印」と「丸印」があることはご存知でしょうが、皆さんはこの二つの印鑑の用途の違い等につ…
  2. 無事志望する企業から内定を獲得し、後は大学を卒業するだけとなった時期、内定した企業によっては「入社前…
  3. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  4. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  5. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  6. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
ページ上部へ戻る