リーダーシップがとれない上司に共通する15の特徴

リーダーシップとは何か、そう聞かれたらあなたはどう答えますか。漠然としたイメージは持っているでしょう。しかし、いざ説明するとなると適当な言葉が見つからないかもしれません。英語を直訳すれば「指導力」です。しかし、このリーダーシップにはさまざまな意味が込められています。

リーダーシップとは、自分が先頭に立って特定の目標に向かって集団を導いたり、集団の中で内部の構造を維持したりするなど、さまざまな役割があります。ですがリーダーシップが発揮できずに悩む管理職の人は少なくありません。今回はリーダーシップがとれない上司の共通点に迫ります。

リーダーシップがとれない上司に共通する15の特徴

リーダーシップがとれない上司に共通する特徴

1.リーダーとしての資質がない

仕事ができる人や営業力のある人が必ずしもリーダーに相応しいとは限りません。リーダーには人を指導する能力やマネジメントする能力など、売上をあげる力以外の能力が求められるのです。

2.部下を軽視する

良いリーダーには必然的に良い部下が集まる傾向があります。しかし中には部下を軽視し、まるで将棋の駒のように扱うリーダーもいます。そうしたリーダーから部下はどんどん離れていくでしょう。

3.ビジョンを持っていない

リーダーとは「導く人」。当然、部下を高みへと導く明確なビジョンが必要です。しかしながら実のところ、なんのビジョンも持ち合わせず、目の前の仕事の話しかしていないリーダーが圧倒的に多いのです。

4.社員のベクトルをひとつにできない

あなたの職場環境は快適ですか?コミュニケーションはうまく取れていますか?「YES」と答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。社内のコミュニケーションがうまく取れておらず、社員それぞれの気持ちが別の方向を向いているとしたら、成果に大きな悪影響を与える危険性があります。リーダーが職場環境の改善に努めない限り、そのうちうまく立ち行かなくなっていくでしょう。

5.諦めが早い

プロジェクトを成功させるためには、企画段階からの綿密なリサーチが必要です。しかし調査もロクにせず、可能性がないと諦めてしまうリーダーがいます。部下の立場からすると、諦めが早いリーダーは頼りない人柄に写っています。

6.役割分担がうまくできない

人にはそれぞれ個性があるように、「この仕事にはこの人」といったような適材適所に配置することが部下の長所を生かし、パフォーマンスを発揮できるのです。部下の特長や性格を把握していないと、仕事の役割分担がうまくできずにその場しのぎの指示となってしまいます。部下が活躍できる分野で勝負させられるリーダーは、チーム力も高いのです。

7.信念がない

信念を持たないリーダーに意思はありません。そんなリーダーの下で働くと、聞こえの良い意見をどんどん取り入れようとしてしまい、その結果、中途半端な結論を導き出す危険性があります。目標を気分で変えてしまうリーダーは、部下からの信頼もありません。

8.部下の成功を喜べない

褒められて気分が悪い人はいません。なぜなら褒められることにより、脳内にドーパミンが分泌され、精神の安定をもたらし、心地良い状態になれるからです。その結果、上司と部下のあいだに信頼関係を構築することができるのです。部下の成功を素直に褒めることができない上司は、リーダー失格と言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…
  2. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  3. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  2. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  3. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  4. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
  5. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  6. ビジネスマンに必要なビジネスアイテムの1つである、「ビジネスバック」。一口にビジネスバックと言っても…
ページ上部へ戻る