サーバントリーダーシップとは


部下を支える為のリーダーとして

従来のリーダー論では、リーダーを部下が支える「リーダー中心」の考え方でもあったわけですが、サーバントリーダーシップでは逆の考え方となります。リーダーは部下を支えるために存在することになり、部下の成功や成長に奉仕する行動を主とします。サーバントリーダーシップは信頼関係を生み出しやすく、親密なコミュニケーションが取りやすい環境を生み出すことにも繋がります。

リーダー自らが先頭に立って組織を導くのではなく、部下の一人ひとりを能動的に動かせる組織へと導くサーバントリーダーシップは、目標達成が実現しやすい組織作りに有効だと言われています。従来のリーダー主導の組織作りでは薄れがちな組織の主体性を伸ばすことが可能となるのがサーバントリーダーシップの特徴で、サーバントリーダーは部下や組織を支える為のリーダーとして存在します。


求められるのは「理解し」「与える」能力

サーバントリーダーに求められるのは、まず他者を理解することです。部下の考えや性格を理解し、個人を尊重しながら目標達成に導く必要があります。同時に与えることが求められます。自らが主導する行動型のリーダーとは違い、サーバントリーダーには部下やチームのメンバーを前に出し、成功や成長に繋がる経験や知識を与える役割を担います。

自分が持つ経験や知識などを惜しみなく部下に与えることで目標達成へ導くことはもちろん、同時に「このリーダーならついていきたい」と思わせる信頼を勝ち取ることにも繋がります。理解し与える能力を磨いていくことで、理想的なサーバントリーダーに近づいていけるはずです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  2. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…
  3. 自責思考・他責思考の4つの違い

    自責思考・他責思考という考え方がビジネスシーンで注目されています。問題が起こった時に自らを変革するこ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  4. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  5. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  6. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
ページ上部へ戻る