【正しいビジネスマナー】ドアノックの回数

部屋に入るときにドアをノックすることは、ビジネスでは基本的なマナーです。会議室に入るときや、社外のオフィスに訪問したとき、企業面接のときなど、ドアノックはあらゆるシーンで利用されています。ドアをノックするとき、あなたは何回たたいていますか?今回はドアをノックする回数についてのビジネスマナーを解説していきます。

正しいドアノック回数は4回

ドアノック

国際標準マナーに則った正しい回数は4回です。日本では2回ノックすることが一般的になっていますが、正式なマナーでいうとこれは間違い。2回のドアノックは、トイレのドアをたたくときに使用するのが正しい使い方です。西洋ではこれを「トイレノック」といい、失礼にあたります。

それでは3回ノックするのはどういう場面でしょうか。実は海外でドアを3回ノックするのは、親しい友人や知人を訪れたときに使われています。おさらいの意味も込めて、以下にまとめます。

【ドアをノックする回数】

  • 2回:トイレのドアをノックするとき
  • 3回:親しい友人や知人を訪れたとき
  • 4回:国際標準マナーに則った、ビジネスシーンでドアをノックする回数

日本での統計によると、ビジネスシーンでドアをノックする回数は2回が一番多く、3回以上だと違和感を感じるという結果が出ています。そのためか、日本では3回ノックすることがビジネスシーンの主流としてとらえられており、マナー違反にはならないといわれています。そのため、会議室や顧客の応接室に入るときは3回もしくは4回ドアをノックするようにしましょう。

上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときの常識マナー
常識ある社会人の飲み会・宴会マナー5選
優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴
女性社員に嫌われる男性社員の特徴5選

さいごに

ビジネスシーンでは、3〜4回ノックすることが正しいマナーだと説明しましたが、日本では2回のドアノックをする人が最も多いため、どんな場面でも必ず適合するとは限りません。もしも相手が2回しかノックしないことを知っている場合は、相手に合わせて2回にするのもマナーです。状況に応じた使い分けをして、相手が不快に感じることのないようにしましょう。

【あなたは知ってた?】エレベーターの行き先を取り消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 久しぶりの相手に送るメールの書き方【例文】

    久しぶりの相手に送るメールの書き方【文例付き】

    日常でやりとりするプライベートのメールと違って、独特のルールがあるビジネスメール。冒頭の挨拶文と文末…
  2. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  3. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  2. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
  3. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  4. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  5. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  6. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
ページ上部へ戻る