【正しいビジネスマナー】ドアノックの回数

部屋に入るときにドアをノックすることは、ビジネスでは基本的なマナーです。会議室に入るときや、社外のオフィスに訪問したとき、企業面接のときなど、ドアノックはあらゆるシーンで利用されています。ドアをノックするとき、あなたは何回たたいていますか?今回はドアをノックする回数についてのビジネスマナーを解説していきます。

正しいドアノック回数は4回

ドアノック

国際標準マナーに則った正しい回数は4回です。日本では2回ノックすることが一般的になっていますが、正式なマナーでいうとこれは間違い。2回のドアノックは、トイレのドアをたたくときに使用するのが正しい使い方です。西洋ではこれを「トイレノック」といい、失礼にあたります。

それでは3回ノックするのはどういう場面でしょうか。実は海外でドアを3回ノックするのは、親しい友人や知人を訪れたときに使われています。おさらいの意味も込めて、以下にまとめます。

【ドアをノックする回数】

  • 2回:トイレのドアをノックするとき
  • 3回:親しい友人や知人を訪れたとき
  • 4回:国際標準マナーに則った、ビジネスシーンでドアをノックする回数

日本での統計によると、ビジネスシーンでドアをノックする回数は2回が一番多く、3回以上だと違和感を感じるという結果が出ています。そのためか、日本では3回ノックすることがビジネスシーンの主流としてとらえられており、マナー違反にはならないといわれています。そのため、会議室や顧客の応接室に入るときは3回もしくは4回ドアをノックするようにしましょう。

上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときの常識マナー
常識ある社会人の飲み会・宴会マナー5選
優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴
女性社員に嫌われる男性社員の特徴5選

さいごに

ビジネスシーンでは、3〜4回ノックすることが正しいマナーだと説明しましたが、日本では2回のドアノックをする人が最も多いため、どんな場面でも必ず適合するとは限りません。もしも相手が2回しかノックしないことを知っている場合は、相手に合わせて2回にするのもマナーです。状況に応じた使い分けをして、相手が不快に感じることのないようにしましょう。

【あなたは知ってた?】エレベーターの行き先を取り消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  2. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  3. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  4. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  5. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  6. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
ページ上部へ戻る