【正しいビジネスマナー】ドアノックの回数

部屋に入るときにドアをノックすることは、ビジネスでは基本的なマナーです。会議室に入るときや、社外のオフィスに訪問したとき、企業面接のときなど、ドアノックはあらゆるシーンで利用されています。ドアをノックするとき、あなたは何回たたいていますか?今回はドアをノックする回数についてのビジネスマナーを解説していきます。

正しいドアノック回数は4回

ドアノック

国際標準マナーに則った正しい回数は4回です。日本では2回ノックすることが一般的になっていますが、正式なマナーでいうとこれは間違い。2回のドアノックは、トイレのドアをたたくときに使用するのが正しい使い方です。西洋ではこれを「トイレノック」といい、失礼にあたります。

それでは3回ノックするのはどういう場面でしょうか。実は海外でドアを3回ノックするのは、親しい友人や知人を訪れたときに使われています。おさらいの意味も込めて、以下にまとめます。

【ドアをノックする回数】

  • 2回:トイレのドアをノックするとき
  • 3回:親しい友人や知人を訪れたとき
  • 4回:国際標準マナーに則った、ビジネスシーンでドアをノックする回数

日本での統計によると、ビジネスシーンでドアをノックする回数は2回が一番多く、3回以上だと違和感を感じるという結果が出ています。そのためか、日本では3回ノックすることがビジネスシーンの主流としてとらえられており、マナー違反にはならないといわれています。そのため、会議室や顧客の応接室に入るときは3回もしくは4回ドアをノックするようにしましょう。

上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときの常識マナー
常識ある社会人の飲み会・宴会マナー5選
優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴
女性社員に嫌われる男性社員の特徴5選

さいごに

ビジネスシーンでは、3〜4回ノックすることが正しいマナーだと説明しましたが、日本では2回のドアノックをする人が最も多いため、どんな場面でも必ず適合するとは限りません。もしも相手が2回しかノックしないことを知っている場合は、相手に合わせて2回にするのもマナーです。状況に応じた使い分けをして、相手が不快に感じることのないようにしましょう。

【あなたは知ってた?】エレベーターの行き先を取り消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  2. 営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    毎日、営業職として働いており、今以上にキャリアアップを目指し幅広い仕事ができるようになりたいと考えて…
  3. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  2. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  3. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  4. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  5. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  6. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
ページ上部へ戻る