【正しいビジネスマナー】ドアノックの回数

部屋に入るときにドアをノックすることは、ビジネスでは基本的なマナーです。会議室に入るときや、社外のオフィスに訪問したとき、企業面接のときなど、ドアノックはあらゆるシーンで利用されています。ドアをノックするとき、あなたは何回たたいていますか?今回はドアをノックする回数についてのビジネスマナーを解説していきます。

正しいドアノック回数は4回

ドアノック

国際標準マナーに則った正しい回数は4回です。日本では2回ノックすることが一般的になっていますが、正式なマナーでいうとこれは間違い。2回のドアノックは、トイレのドアをたたくときに使用するのが正しい使い方です。西洋ではこれを「トイレノック」といい、失礼にあたります。

それでは3回ノックするのはどういう場面でしょうか。実は海外でドアを3回ノックするのは、親しい友人や知人を訪れたときに使われています。おさらいの意味も込めて、以下にまとめます。

【ドアをノックする回数】

  • 2回:トイレのドアをノックするとき
  • 3回:親しい友人や知人を訪れたとき
  • 4回:国際標準マナーに則った、ビジネスシーンでドアをノックする回数

日本での統計によると、ビジネスシーンでドアをノックする回数は2回が一番多く、3回以上だと違和感を感じるという結果が出ています。そのためか、日本では3回ノックすることがビジネスシーンの主流としてとらえられており、マナー違反にはならないといわれています。そのため、会議室や顧客の応接室に入るときは3回もしくは4回ドアをノックするようにしましょう。

上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときの常識マナー
常識ある社会人の飲み会・宴会マナー5選
優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴
女性社員に嫌われる男性社員の特徴5選

さいごに

ビジネスシーンでは、3〜4回ノックすることが正しいマナーだと説明しましたが、日本では2回のドアノックをする人が最も多いため、どんな場面でも必ず適合するとは限りません。もしも相手が2回しかノックしないことを知っている場合は、相手に合わせて2回にするのもマナーです。状況に応じた使い分けをして、相手が不快に感じることのないようにしましょう。

【あなたは知ってた?】エレベーターの行き先を取り消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    社外のお客様との接客や商談をするとき、あなたはマスクを着用していますか?営業マンのビジネスマナーとし…
  2. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  3. 何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

    上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  2. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  3. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  4. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  5. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  6. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
ページ上部へ戻る