職場で嫌いな人へのパターン別対処法4選

職場で嫌いな人へのパターン別対処法4選

職場は仕事をするところ。とはいえ、人間関係が皆無なわけではなく、むしろ職場環境や仕事の効率に対して強い影響を与えるのが人間関係だったりします。

そんな職場の人間関係のなかで、尊敬できる上司がいれば、嫌いな人、苦手な人もきっと一人くらいはいるでしょう。職場に嫌いな人ができてしまった場合、それは精神的にしんどく、ストレスフルです。

ストレスにより仕事や職場そのものが嫌になってしまったりしたら、生活やキャリアプラン・人生設計に関わる大問題に発展しかねません。

そんな事態になる前に、嫌いな人との付き合い方を学ぶことが大切です。今回は、職場で嫌いな人に対する効果的な対処法をご紹介します。

職場にいる嫌いな人の原因によって対処法は変わる

まずは、あなたが嫌いな人の、嫌いになった理由を整理してみましょう。それによって対処法が異なります。よくあるパターンは以下の4つです。

嫌いな理由1.仕事のやり方が嫌い

  • 仕事が早すぎる・遅すぎる
  • やり方が雑・細かすぎる
  • 仕事内容を共有しない・詮索しすぎる

など、仕事をするうえでの優先順位や意識が自分と違い過ぎてイライラする、自分のペースが狂ってしまうので相手が嫌いな場合、業務に直接影響してしまいます。

そんなときは上司や先輩に迷わず相談しましょう。その時は「あの人のせいで自分が迷惑している」という相談の仕方ではなく、「チームとしての意識合わせをしたい」「業務の属人化を無くすことで、効率よく仕事をしたい」というチーム精神を第一とした前向きな相談にすることが重要です。

そして相談した結果が、必ず自分の思い通りになるわけではないことも覚悟しておきましょう。これまで歩んできた人生やキャリアの異なる人が集まる職場では、少なからず人間関係を原因とした問題が生じるものです。それを徹底的に攻撃し続けるうちに、周りの人はあなたに対して白い目を向ける恐れがあります。

嫌いな理由2.性格が嫌い

相手の性格が自分と合わない場合、相手の行動パターンや話の展開の仕方は、これまでの経験からある程度、予測できると思います。

ですので、相手の嫌いな部分が現れないように話題を持って行ければ一番良いのですが、そうそう上手くはいかないでしょう。そんな時は、相手が自分の予想通りに嫌な部分を出して来たら「やっぱね、また出たよ」と、心の中でゲームのように楽しんだりして精神衛生を保ちましょう。

嫌いな理由3.過去に嫌いだった人とタイプが似ていて嫌い

今までの人生の中で嫌いだった人、自分に対して嫌な奴だった人となんだか似ている、その人を見ていると過去の嫌なことを思い出すなどして、どうしても親しみが持てない場合はどうでしょう。

こだわりを捨ててと言うのは簡単ですがそうもいかないのが人間です。そんな人には敢えて距離を詰めて、過去に嫌いだった人とは違う人なんだということを実感した方が良いかもしれません。

嫌いな理由4.生理的に嫌い

これは中々に厄介な問題です。例えば相手が見るからに不潔、臭い、仕事中におならやゲップをするなど、客観的に生理的な嫌悪感を抱かせる要素があるのでしたら、おそらくその人を嫌っているのはあなただけではないと思います。遠からず上司の指導を受けることでしょう。

しかし、声がイヤとか、体形が気持ち悪いとか、客観的でない理由の場合は、誰にも相談できず、さらに生理的に嫌になると中々そのことから抜け出せなくなってしまいます。最後には生理的に受け付けない相手とは目を合わせられなくなってしまうので、相手や周りにも嫌っていることがバレてしまう可能性も高くなります。

この場合はどのように対処したら良いでしょうか。気持ちの話になってきますが、ここは、相手をロボットやOA機器だと思い、感情をシャットアウトしてしまうしかありません。ただし、実際のところ相手は人間です。相手の尊厳を傷つけないことだけは配慮しましょう。

もしくは、嫌いな人の上司にストレートに「会社の品位に関わる問題」として相談しましょう。

職場は職場と割り切る

どうして嫌いかによって対処法が違うことを紹介しましたが、大前提にあるのは、そこは「職場である」ということです。

性格が合う・合わない、のような感情的な気持ちは出さず、クールに割り切っていく必要があります。どんな理由でその人が嫌いであるにせよ、自分は俳優で、職業人を演じているくらいの割り切り方が必要です。

感情的になると自分が損をする

「あいつが嫌いだ」という思いにとらわれて、悩んだりイライラしたりすると、回り回って最終的には自分が損をしてしまいます。

嫌いな人へのストレスから、あなた自身が周囲に愚痴ばかり漏らす人になっていたり、いつも怒った表情になっていたりと、あなた自身の評価を下げてしまいます。

イライラする気持ちを抑えたりするのは「自分のため」と思えば、「何でアイツのためにこんなに気を使わなければならないんだ?」という理不尽に悩まされることがなくなります。

二人きりの場面を作らない

嫌いな人とは接しないのが一番ですが、それでも仕事の上でどうしても関わりを持たざるを得ない場面も出てくるはずです。その場合、できる限り二人きりにならないようにしましょう。

打ち合わせとまではいかない仕事上のちょっとした会話をするときも、できれば近くにいる人も話の輪に引き込んでしまいましょう。

お互いに嫌いでも、周りへ広げない

自分が嫌いオーラを出しているからなのか、元々そういう運命にあるのか、嫌いな人とはお互いに嫌い合うケースも少なくありません。そしてそんな空気は周りにも伝わってしまいます。

当事者たちのいないところで「AさんとBさん、今日も険悪だったね」などと噂されているかもしれません。その仲の悪さが世間話のネタぐらいで収まっているうちは良いのですが、周りを巻き込んでA派vsB派みたいな構図になってしまってはいけません。周りを巻き込まないように、冷静にふるまいましょう。もちろん気に入らないからと言って他の人にその人の悪口を言ったりするのは厳禁です。

嫌いな人になつかれてしまったら

お互いに嫌い合っているのとは逆に、嫌いな人になつかれてしまったらどうしたらよいでしょう。自分では距離を置きたいのに相手がやたら近づいてくる場合は、相手に「逃げられたら追いたくなる」心理が働いているのかもしれません。そんな場合はその心理を逆手にとって、敢えてあなたから相手に近づいてみるのも手です。ちょっとしたことを頼んだり、意見を聞いたり、ランチや飲みに誘ったり。もちろんその時は二人きりにならないようにしましょう。

職場で嫌いな相手には、あくまでも大人の対応を

いかがでしたか?職場にいるどうしても嫌いな人に対しては、その理由を考えた対処法が必要です。そして職場であるということを踏まえて、クールに大人の対応を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  2. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  2. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  3. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  4. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  5. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  6. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
ページ上部へ戻る