会話が続かない人の5つの特徴

職場の上司や後輩と二人きりになったときや、知人とばったり会って話す場面で、会話が続かず気まずい雰囲気になったことはありませんか?話が広がらず、お互い黙り込んでしまって悩んだ経験はありませんか?

話が続かなかったり弾まなかったりというのは本当に気まずいものですよね。コミュニケーションが上手くとれないとビジネスシーンではマイナス要因になってしまう場合もありますから、非常に厄介です。

ここでは、会話が続かないという人の5つの特徴とその対策を確認していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

会話が続かない人の5つの特徴

会話が続かない人の特徴

1.相手の反応を気にしすぎる

「自分を良く見せよう」と構えてしまうと、会話は続きません。「こんなことを言ったらどう思われるかな」「こんなことを聞くのはちょっと恥ずかしい」など、自分の意見や話題が相手にどう思われるかを気にしてしまい、ついつい言葉を選んで話した結果、口数が少なくなるパターンです。

自然体で話さないと相手にその空気が伝わり、会話の相手もだんだんと話さなくなるでしょう。あなたの印象を相手がどう捉えるか、そこは二の次にして、わからないことは素直に尋ねたり、あなたの気持ちを伝えたりすることが大切です。

2.人の話を聞いていない

会話が続かないと自覚している人は、つい自らが発する言葉に気を取られ、相手の話を全然聞いていないという展開に陥りがちです。相槌が曖昧な感じになったり、的外れな話題をふったりすると、「話をちゃんと聞いているのか」と相手に不信感を与えてしまうことも少なくありません。会話が途切れるのは自然な流れと言わざるを得ませんね。

まずは、相手の言葉にしっかりと耳を傾け、きちんと受け答えし、相手が話しやすい空気を作っていきましょう。キーワードは「聞き上手」です。自分が主体となって会話を盛り上げなくても、相手が主導権を握り、会話が弾む場合も多々あるのです。

3.自分の意見を押し通す

会話が続かない人のなかには、話し相手の意見をいちいち否定して、自分の考えを前面に出してしまう押しの強いタイプもいます。「私の場合は○○だから」「私なら○○する」など、相手の気持ちを推し量らずに自分のことを主張してしまうのです。

ビジネスでは、自己主張や自身の考えを明らかにすることが必要な場面もありますが、日常の他愛のないやりとりでの主張は、たとえ合理的な意見であったとしても嫌がられることは少なくありません。そういうことのないよう注意しましょう。自分の考えを否定された相手は当然次の言葉が継げなくなり、会話が楽しく弾むわけがないのです。あなたの意見に対して相手が感情的になってしまったら、最悪の場合、ケンカになってしまうことも。「私なら」ではなく、まずは「あなたは○○なのね」「そういう考えもあるんだね」と、穏やかに相手を認めることから入るよう、意識してみましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  2. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  3. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  2. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  3. 転職サイトを利用したことがある方、またはご覧になったことがある方なら重々ご承知かと存じますが、どの転…
  4. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  5. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  6. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
ページ上部へ戻る