憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴

憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴

「部下から尊敬される人になりたい」
「好かれたい」
「カッコいいところを見せたい」
「頼りにされたい」

部下や後輩がいる人なら、誰しも思うことではないでしょうか。でも実は、職場で憧れの存在になるのはそんなに難しくありません。

学生時代、スポーツができ、容姿がカッコイイ先輩を見たり、美人の先輩を見て憧れたのとは違い、職場でのメンバーとの接し方や立ち振る舞い方次第で部下から絶大な人気を集めることは可能です。

そして、素敵と思われる上司には共通した特徴があります。ここでは、あなたが部下に慕われ、憧れる上司になるために必要な要素をお伝えします。

是非読んで実践してくださいね。きっと周囲のあなたに対する目も大きく変わることでしょう。

仕事がバリバリできる必要はない

憧れの上司の人物像をイメージしたとき、多くのビジネスマンは仕事の成績が高い人を想像しがちですが、実は部下からすると、そこはあまり重要ではありません。もちろん、一定の水準はクリアしていないと、何をするにも示しがつかないので問題ですが、成績が優秀だからといって憧れの存在になるかといえば、それは全くの無関係です。

営業成績が頭一つ出ていても、社内の弱い立場の人に対して見下すような接し方をしたり、上司に媚びたりする人に人望は集まりません。一方で、仕事の成績は平均ではあるものの、部下に相談事があるときは親身になって話を聞いてくれたり、同じ目線で会話してくれる上司はメンバーの信頼を勝ち得ます。

つまり、部下はあなたの仕事の数字を見ているのではなく、人間性を見て尊敬できる人かどうかを判断しているのです。

あなたの憧れる素敵な上司もそのような人間味のある人ではないでしょうか。ではどのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。次でご説明します。

憧れの素敵な上司の特徴8選

1.どの社員に対しても公平で正義感がある人

社員一人ひとりを大切に考え、対等に話をしてくれる上司は尊敬される存在です。部下や事務員といった職場での立場が弱い人とも同じ目線で会話をし、また、相手が上司であっても正しいことと間違っていることをはっきり伝えられる上司に信頼は集まります。そんな上司だからこそ、怒られたときでも素直に心から反省することができるのです。

一方で、上司という立場を利用して部下に面倒な仕事を押し付けたり、見下した話し方をする上司は部下の恨みを買い、そのうち痛い目に合うでしょう。

2.モラルのある行動ができる人

当たり前のことを当たり前にできる人は、それだけで周囲から信頼される人物になります。電車のなかで優先座席に平気で座る、ゴミを落としても拾わない、禁煙の場所でタバコを吸うなど、上司からすれば些細なことでも部下は厳しい目で上司の行動をチェックしています。社会人としてのモラルやマナーを守れない上司に対し、部下はきっと残念に思うでしょう。

困っている人がいれば声をかけて助ける、公共マナーを守るといった道徳的な判断を無意識に実行できる上司は素敵です。

3.部下を信じて仕事を任せられる人

「ミスしたときの責任は俺が取るから、自分の好きなように思う存分やってみろ」

「一生懸命仕事して起きたミスだから仕方ない。気にするな」

慣れない仕事に挑戦するときや、失念が原因のミスが発覚したときなど、温かく見守ってくれる上司は心強く、またそんな上司のためなら一刻も早く一人前のビジネスマンになって、仕事で恩返しがしたいと思うものです。

部下を信じ続け、家族のように接してくれる上司に信頼が集まって当然でしょう。

4.不満や悪口を言わない人

嫌なことがあったり、自分の思い通りにならないことがあっても顔や態度には一切出さず、感情をコントロールできる上司は素敵。他の社員のミスを嘲笑ったり、会社への不満を漏らしたりすることもなく、またその発言により人間関係が悪化したり雰囲気を悪くしてしまうことを理解できる大人な対応を心得ている上司に部下は尊敬の念を抱きます。

5.親身になって相談に乗ってくれる人

些細なことでも真剣に話を聞いてくれたり、自分事のように考えてくれる上司は部下にとって心強い味方であり、頼もしい存在です。また、ふとした時に「あの件、どうなった?」と心配して声をかけてくれます。

ロクに話を聞かず自分の意見を押し付けるような伝え方や、「忙しいから後にしろ」といって忘れ去ってしまうのは典型的な嫌われる上司。

6.部下のミスをやさしくフォローしてくれる人

ミスしたときに「ミスは誰でも起きる。気にするなよ」と温かくフォローしてくれると、気持ちがスッと楽になります。部下の暗い表情から失敗を引きずっていると察知して、思いやる言葉を投げかけてくれる上司は貴重な存在です。

7.清潔感のある身だしなみに整っている人

スーツはいつもパリッとしていて、靴も綺麗に磨かれている。シャツにはシワがなく、髪型もセットされている。そんな上司を見ると、仕事に対する誇りがあることを感じ取れます。また、臭い対策も万全で、相手を不快にさせない心配りもできる人物。

相手の目線に立って物事を考えることができることから、身だしなみに関しても自分の趣味で選ぶのではなく、清潔感のあるなしが基準です。

8.感謝の気持ちや気遣いある行動が自然にできる人

部下の存在を上司の手足だと勘違いし、命令口調で指示を出して、お礼の言葉もない。そんな上司は嫌われて当然です。

社内で弱い立場の部下や事務員など関係なく、自分のために何かしてもらったときは素直に「ありがとう」と言える上司は素敵です。当たり前のことのように思えますが、伝えたときに気持ちが込もっていなかったり、目を見ずに伝えたりする人は意外に多いものです。部下はそんな上司の言動を一つひとつチェックしています。

上司という立場を理解しよう

今回は憧れの素敵な上司の特徴についてご紹介しました。実際にこれらが実行できている人はきっと一握り。部下のなかには素敵な上司に出会えず、上司は理不尽な存在だと思っている人もいるでしょう。

部下は上司を選べません。あなたがちょっと意識して行動を変えるだけで、もしかすると部下のモチベーションは大きく上がるかもしれないのです。また、多くの上司が実行できていないことから、少しの努力だけで部下の信頼を集めることができるのです。

そのことを理解して、部下と接するときは相手の求めていることを意識した行動を心がけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…
  2. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  2. 面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅め…
  3. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  4. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  5. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  6. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
ページ上部へ戻る