【転職する前に要確認!】ジョブホッパーとキャリアビルダーの違いとは

より良い転職をするために、一度立ち止まって自分自身を見直してほしいと思います。今の転職は客観的に見てポジティブな転職でしょうか、それともネガティブな転職でしょうか。転職には状況やケースによっていくつもの理由があると思いますが、転職する人は大きく2つのタイプに分かれ、それぞれを「ジョブホッパー」「キャリアビルダー」といいます。今回は転職を成功に導くために、この二者の違いと傾向を解説していきます。

ジョブホッパーとキャリアビルダーとは

ジョブホッパー

ジョブホッパーとは、転職を何度も繰り返すビジネスパーソンのことをいいます。具体的には2〜3年のサイクルで職を転々と変えていく人や、転職回数が4回以上もある人のことを英語では「ジョブホッパー」と表現されています。

キャリアビルダーとは、計画的に転職してキャリアを積み重ね、収入や待遇がアップする人のことをいいます。キャリアビルダーは転職する前に、職務の実務経験で優秀な成績を残す、キャリアアップするための資格を取得する、役職が昇格するなど、次のステップにつながる結果を前職で積み上げてから行動する傾向があります。

同じ転職の道を歩む両者ですが、ジョブホッパーとキャリアビルダーのそれぞれで転職希望先の企業の評価は、実は大きく異なります。続いては評価の違いを見ていきましょう。

ジョブホッパーとキャリアビルダーの評価の違い

キャリアビルダーは、明確な目標に対して自分でキャリア設計ができている人という印象を与えます。そのため面接でも有利になります。またこれまでの転職歴の中でどんどんキャリアアップしている、年収や待遇面がアップしている傾向があります。

一方でジョブホッパーとは、企業や採用担当者にとって「仕事をころころ変える人」という意味があり、ネガティブな表現で使用されています。つまりジョブホッパーは、転職はするものの転職歴に一貫性がなく、キャリアが浅い人と捉えられる傾向があります。そのため、採用担当者からの信用を得ることは難しく、転職でのハードルは高いといえるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  3. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  2. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  3. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  4. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  5. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
  6. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
ページ上部へ戻る