転職活動がうまくいかないときに考え直したい3つのこと

転職活動とはとても孤独な戦いです。それだけに、なかなか結果が得られない場合の不安や焦燥感はとても大きなものとなってしまいがちです。そのような不安や焦りで心が押しつぶされそうな状況で、結果だけを求めてやみくもに転職活動へ向かっても良い結果は得られにくくなります。そんなときは一度立ち止まり、転職に対する考え方等を見直すことも転職を成功させるために大切なことです。ではどのようなことを考え直せばよいのか、3つの対処策をお伝えします。


①採用する側の立場になって面接対策を行う

転職活動は孤独な活動があるがゆえに、独りよがりな考え方に陥りやすくなってしまいます。転職は「採用する相手」がいてはじめて成り立つものです。主体的な努力も大切ですが、同時に採用する相手の立場になって自分を客観的に見つめることもそれ以上に大切なことです。

相手の立場になるということは「自分が相手にどう見られるか」を考えることではないのです。それではまだ相手の立場に立てていません。相手の立場に立つということは「自分が採用する側になったつもりで考える」ということです。

採用する側のつもりで考えるとは、その会社はなぜ中途採用を行うことにしたのか、どんな人物を欲しているのか、特にどのような資質を重視したいのか、どのような成果を期待したいのか、逆にどんな人物は採用したくないか等々について、自分が当てはまるかどうかといったことは抜きにして、純粋に採用する会社側の視点で真剣に考えるということなのです。

転職は皆さんにとっても人生を大きく左右する重大な決断ですが、採用する側の企業にとっても人を採用すると言うことはとても重大な決断です。もし相手側にとっても重大な決断であることに思いを寄せていたなら、マニュアル的な試験対策だけではなく、応募する1社ごとに全く異なる固有の回答とその対策がそれぞれ生まれてくる筈です。そうした固有の回答を1社ごと真剣に考えぬいた上で採用試験に応募してきたか、採用する側になってみて今一度考え直してみて下さい。


②転職とはお見合いでもある

繰り返しとなりますが、転職とは採用する側の企業があってはじめて成り立つものです。ところが適性検査といったもの等もあることから、ついつい多くの方が「転職試験に合格できるかどうか」といった見方をしてしまいます。

そのため、不採用となれば「合格できなかった」即ち「自分の知識や能力が劣っていたから」といった受けとめ方をしてしまい、それが自己嫌悪とつながり、自分の不安や悩みを増幅させてしまうことにもなってしまいます。

しかし、採用を行っている会社にはそれぞれに歴史や個性があり、採用に対する方針や考え方等も各社固有のものがありますから、試験で合格点さえとれば合格できる大学入試のようなものではありません。言ってみれば転職とは「お見合い」のようなものです。「どんな人と結婚したいか」という思いは人それぞれ異なるように、「どんな人を採用したいか」は企業によって異なります。ある企業が採用したいと考える人が、別の企業も同様に採用したいと考えるとは限らないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  2. 人に好かれる人の特徴10選

    誰しも人から好かれたいという気持ちを持っています。ですが同じように接しているのに、気が付けば人に好か…
  3. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  2. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  3. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  4. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  5. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
  6. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
ページ上部へ戻る