転職するとき高学歴が有利になる業界

一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、新卒採用においては依然として学歴は重視されています。ところが、転職の場合となると少々事情が変わってきます。転職時では学歴が優位に働く業界と、そうでもない業界に分かれてくるのです。それではどのような業界が転職市場においても高学歴が優位性を発揮するのか、見てゆくことにしましょう。


①公務員

公務員は、転職に限らず採用試験において教養的な知識を問う試験を受けることになります。その点で、高学歴は一般教養や知識レベルが相対的に高いため、まずそうした試験分野で優位になってきます。

また公務員は基本的に、着実に且つ勤勉に働くタイプが好まれます。そのため、高学歴者は勉学面でコツコツと努力を重ねてきた人物であることは間違いありませんので、そうした面で加点評価されやすいと言えます。その上、人事制度や給与体系は法律や条例等で決められた基準があり、例えば東大出身の転職者であっても厚遇する必要性がありません。

そうした特別な計らいをする必要性がないことから、東大や京大といった高学歴者が応募してきた場合に遠慮なく採用できることも、高学歴者が優位になる要因になっていると言えます。


②大手メーカーの研究職

大手メーカーの研究職は高度な専門的知識や学力が問われることと、一流大学の研究室とのつながりを重視していますので、その大学のOBということになれば新卒者ではなくとも、優位性が生じることになります。但し同じ大手メーカーであっても、例えば営業職等になった場合は学歴よりも営業実績等の方が重視される傾向があります。従って②に限れば業界と言うより、高学歴が有利となる職種と言った方が良いでしょう。


③コンサルティング業界(特に外資系)

コンサルティング業界、特に外資系の大手コンサルティング企業は新卒採用時のみならず転職時にも高学歴者が優位になってくる業界の一つと言えます。

コンサルティングは高度な知的労働集約型のサービス業ですから、企業としてのブランドや信頼性だけでなく、コンサルティングを行う人物そのものの学歴を含めた肩書き等がとてもシビアに問われる業界でもあります。そのため、学歴において一定レベル以上の大学出身者であることは優位になると言うより、むしろ必須条件になっていると言っても過言ではありません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  2. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…
  3. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
  2. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
  3. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  4. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  5. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  6. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
ページ上部へ戻る