転職するとき高学歴が有利になる業界

一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、新卒採用においては依然として学歴は重視されています。ところが、転職の場合となると少々事情が変わってきます。転職時では学歴が優位に働く業界と、そうでもない業界に分かれてくるのです。それではどのような業界が転職市場においても高学歴が優位性を発揮するのか、見てゆくことにしましょう。


①公務員

公務員は、転職に限らず採用試験において教養的な知識を問う試験を受けることになります。その点で、高学歴は一般教養や知識レベルが相対的に高いため、まずそうした試験分野で優位になってきます。

また公務員は基本的に、着実に且つ勤勉に働くタイプが好まれます。そのため、高学歴者は勉学面でコツコツと努力を重ねてきた人物であることは間違いありませんので、そうした面で加点評価されやすいと言えます。その上、人事制度や給与体系は法律や条例等で決められた基準があり、例えば東大出身の転職者であっても厚遇する必要性がありません。

そうした特別な計らいをする必要性がないことから、東大や京大といった高学歴者が応募してきた場合に遠慮なく採用できることも、高学歴者が優位になる要因になっていると言えます。


②大手メーカーの研究職

大手メーカーの研究職は高度な専門的知識や学力が問われることと、一流大学の研究室とのつながりを重視していますので、その大学のOBということになれば新卒者ではなくとも、優位性が生じることになります。但し同じ大手メーカーであっても、例えば営業職等になった場合は学歴よりも営業実績等の方が重視される傾向があります。従って②に限れば業界と言うより、高学歴が有利となる職種と言った方が良いでしょう。


③コンサルティング業界(特に外資系)

コンサルティング業界、特に外資系の大手コンサルティング企業は新卒採用時のみならず転職時にも高学歴者が優位になってくる業界の一つと言えます。

コンサルティングは高度な知的労働集約型のサービス業ですから、企業としてのブランドや信頼性だけでなく、コンサルティングを行う人物そのものの学歴を含めた肩書き等がとてもシビアに問われる業界でもあります。そのため、学歴において一定レベル以上の大学出身者であることは優位になると言うより、むしろ必須条件になっていると言っても過言ではありません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  2. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  3. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  2. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  3. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  4. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  5. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  6. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
ページ上部へ戻る