転職できる限界年齢は?

企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途をたどり、「年齢」は雇用する上での前提条件ではなくなりつつあります。そのため「転職」は、実際に転職するかどうかはともかく、誰もが検討する選択肢の一つになってきたと言えます。

しかしながら「転職」はいつまでもできるものではありません。転職が困難になる年齢的な限界が存在します。では転職における限界年齢とは何歳なのか、噂の検証も交えつつ確認してみることにしましょう。


①巷で有名な「35歳限界説」は正しいとは言えない

ではさっそく、大変有名な転職年齢の限界年齢説から検証することにしましょう。巷では「35歳限界説」がとても有名ですが、果たしてこの説は正しいのでしょうか。結論から先に言えばこの説は正しいとは言えません。正確に言えば「正しくなくなってきた」と言えます。

民間の調査会社等が行った中途採用に関する各種調査データ等を丹念に拾ってゆくと、35歳超の年代層で中途採用された割合が2割から3割ぐらいの占有率ながら確実にあること、また対前年比でみた場合、その割合は上昇傾向にあります。この割合は一見「低い」と評価できそうですが、転職活動を行っている方の数が35歳以下と35歳超で同一であるなら確かに「低い」となります。

ところが後述する厚生労働省調査による年代別離職率のデータを踏まえると、年代と共に「離職率」と「入職率」そのものが低下しています。つまり35歳以下と35歳超では前者の方が転職活動を行っている総数も多い訳です。従って、転職活動を行っている母数が少ないことを考慮すれば、35歳超の方が35歳以下の方より過度に転職しにくくなるとは言えなくなります。

また、日本は少子高齢化によって若年労働者が減ることは確実であり、過度に若年層重視の雇用計画を採用していたら十分な労働力を確保できなくなります。そのため「多くの企業が中途採用の年齢的制限を緩和する方向へと舵を切っている」と、人事を専門としている研究機関や専門家が指摘している事実が多々あります。
従って、嘗て35歳限界説には一定の合理性があったかも知れませんが、現在においては正しい説とは言えなくなってきたと言えます。


②目安として考えられる限界年齢は「40歳〜45歳」

では「35歳」が限界年齢ではないとすれば、何歳ぐらいが限界年齢になってくるかということですが、企業人事部に対するアンケート結果等を踏まえた場合「40歳を超えると不利になってくる」と回答している企業が比較的多いことが伺えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  2. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  3. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  4. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  5. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  6. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
ページ上部へ戻る