【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」がその基本項目に該当しますが、その中でも、年齢や経歴の割に転職回数が多い人の場合、「転職回数の多さを指摘する質問」をされる可能性は非常に高いでしょう。

この転職回数の多さについて、回答の方向性を間違えると「うちの会社に入っても、またすぐに辞めるのではないだろうか」というマイナスイメージを持たれ、どんなにやる気や実力のある人でも採用を勝ち取ることは難しくなります。今回は、転職回数の多さについて質問をされた時に回答したい5つのポイントを示しながら、どのような点に気をつけて面接にのぞむべきか、ご紹介していきます。

30代の転職で年収アップするために必要な6つの条件
転職の面接で気を付けるべき9の項目
面接で「最近気になったニュースはなんですか」と聞かれたときの答え方

①キャリアプランに一貫性があることを伝える

一貫性

「確かに転職回数が多いと、自分でもそう思います。しかし、」 転職回数が多いことを指摘されたら、まずは「確かに転職回数が多いと自分でもそう思います。」と認めると良いでしょう。転職回数が多いことを自覚していると面接官に伝われば「その時の気分ですぐ退職してしまう人ではない」と判断してくれる可能性が高まります。逆に、「転職回数が多いことは当然である」といった開き直りなどは、マイナスイメージを生じてしまう可能性があるので、控えるようにしましょう。

その上で、これまでのキャリアに一貫性があることを伝えます。一貫性のあるキャリアを伝えるためには、事前にキャリアの棚卸しを行い、これまでの企業で共通して経験したことや、次の会社で働くために得てきたことを振り返って下さい。面接の場面で質問に答えるときは、「これまでの経験は、御社で働くために培ってきたこと」という伝え方をすることで、転職回数の多さに説得力が出ます。

②これまでの企業で得たことを伝える

経験

「転職回数は確かに多いですが、その中で得たことがあります。それは…」 面接官の中には「転職回数が多い=飽きっぽい」と考える人もいます。マイナスのイメージを払拭するために、これまでの仕事で得たことを伝えて、入社したときに貢献できることを伝えましょう。

例えば、転職回数が多くなったことで「豊富な人脈を手に入れることができた」「どの業界でも営業で結果を残す自信ができた」などのような理由を示すことで、面接企業側が転職者に求める姿と一致できれば、転職回数が多くても面接官としては大きな問題とせず、採用してもらえる可能性が高まります。

企業側が中途採用に踏み切るということは、多くのケースで転職者に即戦力であることを期待しています。転職回数が多くても、1つずつ、自分の苦手だったことを克服し、成果を挙げ、次の目標を立て…という、PDCAサイクルのような一貫した流れができていれば、面接官は「うちの会社でも着実に1段1段成長していってくれるだろう」と判断してくれる可能性が高まります。

転職(中途)面接で面接官が採用を見送る9つのポイント

また、この回答例は、スキルや能力の高さをアピールしたい時にも有効に使える事ができます。例えば、仕事を頑張りながらも土日や平日の夜に勉強をしたことで難関資格を取得して仕事にも活かし、そのあとに更なるレベルアップに向けて転職をしたという経験があるなら、そのことをエピソードとして使いながら、この回答例は使いたいものです。

さらに、面接官の中には「転職回数が多い=不満から逃げている人」だと考える人もいますが、このような回答例を話すことで、困難なことがあっても乗り越えていくことができる人だというアピールに繋がりますので、この回答例はぜひ使っておきたいところです。

面接で答える将来のキャリアビジョンの回答例5選
転職先の会社が前職調査で確認する内容とは

③チームワーク力があるエピソードを伝える

チームワーク

「転職回数が多いことで、多種多様な同僚とのコミュニケーション力が磨かれました」 面接官の中には「転職回数が多い=人間関係の構築が上手くできない人」だと考える人もいます。実際、本音ベースでの退職理由に関するランキングの中には、トップ3の中に「経営者や上司との人間関係」「同僚や先輩・後輩との人間関係」が挙げられている調査結果もあるほど、企業にとって人間関係による転職は頭痛の種なのです。

採用しても人間関係が上手く構築できずに退職してしまうのではないか、という面接官側の不安を払しょくするためにも、この回答例を使いながら、コミュニケーション力が高まったエピソードや人間関係の構築秘話などについては、是非話してみましょう。

転職(中途)面接で面接官が採用を見送る9つのポイント
【面接官も納得!!】転職理由の回答例5選
【転職の面接はこれでバッチリ!】長所を答えるときの回答事例集
面接官からの質問で短所を聞かれたときの答え方4選

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  2. ビジネスの様々な場面で目にしたり耳にしたりすることの多い「助成金」、その意味をなんとなく分かっても正…
  3. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  4. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  5. 銀行員は仕事に対する正確性や対外的信頼性が特に求められる職種ですから、専門的知識を有している証しとな…
  6. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
ページ上部へ戻る